脂っこい食生活を我慢せず“痩せ子”になる方法を発見!

脂っこい食生活を我慢せず“痩せ子”になる方法を発見!

ダイエットの天敵といわれる、脂肪。実際に、オイルカットした食事に切り替えれば、減量効果が期待できます。けれど、美味しさや満足感に関しては、切ない気持ちになることも多いですよね。ストレスを貯め込まないためにも、普段通りの食生活ができ、ときには“こってり飯”を食べても太らないというのが理想的。今回は、そんな無理なくスリム化計画を実現する秘策をお伝えします。

脂っこい食事が大好きでも太らない人、その理由は?

脂肪をブロックしてガンガン追い出す“スリム体質”

お肉やフライ、スイーツなど、脂肪分をたっぷり含んだ食べ物が好物だというのに、痩せているという人っていますよね。食事制限するダイエッター側からすると、思わず「ズルイ!」と思ってしまうような、この“スリム体質”になるにはどうしたらいいのか? その答えは、まず、食べた脂肪をできるだけ受け付けず、ブロックするカラダになること。そして、脂肪をカラダに溜め込まず、どんどん排出するような“脂肪スルー型”になればよいのです。

新ダイエットキーワード “没食子酸”と“重合ポリフェノール”

ダイエット通の方であれば、ご存じの方も多いと思う没食子酸と重合ポリフェノール。これこそが、“脂肪スルー型”を強力にサポートするものなのです。その理由を簡単に説明しましょう。脂肪は、体内に取り込まれると、乳化されたのち、分解されてカラダに吸収されます。この「乳化→分解」がされにくい状態に導くことができれば、“食べても太らない”が叶うということなのです。没食子酸と重合ポリフェノールがタッグを組むと、脂肪の乳化をパワフルにブロック。さらに、分解を抑制し、吸収されるという、太る原因をシャットアウトしてくれるのです。

没食子酸と重合ポリフェノールが凝縮するプーアル茶

飲むだけで、“脂肪スルー型”を呼び込む!

没食子酸と重合ポリフェノールは、実は、プーアール茶にたっぷり詰まっているもの。「ポリフェノールなら緑茶にだって入っているでしょ?」と思うかもしれませんが、プーアール茶は、茶葉を発酵させてつくるお茶であり、その発酵過程で得た“没食子酸”と“重合ポリフェノール”をはじめ、ビタミンB・A・Eなど、美容によい成分がたくさん詰まっているのが特徴です。

プーアール茶で“脂肪スルー型”実体験! 愛飲者の“生声レポート”

「飲むだけでなんて……」と半信半疑の人も多いはず。やはり効果のほどは体験者に聞くのが一番ということで、実体験レポートを紹介します。どうやら、続けるうちに、「これはスッキリにいいかも❤」と実感する人が多い様子♪

◎「出産してからまったく体重が戻らず、プーアール茶を飲み始めました。すると、みるみると落ちて行き、お腹まわりと足がスッキリ。運動もしていなかったのに-9kgにはビックリしました」(Mさん・女性)

◎「10kg太ってしまい、行った先の病院ですすめられたのがきっかけではじめたプーアール茶。ゆっくりですが、効果が出始めて、もうすぐベスト体重! あきらめなくてよかった」(Hさん・女性)
 
◎「とりあえず1袋だけという軽い気持ちでスタート。運動が苦手で汗をかきにくかったのに、大量の汗が出るように。体重にも変化があり、周囲からも『痩せた?』と聞かれるようになりました」(Nさん・女性)

美味しくて安全な国産プーアール茶 『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

静岡県にある自社農園産の茶葉を100%使用

『茶流痩々』は、お茶の名産地である静岡県の牧之原で育った茶葉のみを厳選し、雑菌やカビをシャットアウトした自社のクリーンルームで80時間かけて発酵させる純国産のプーアール茶です。さらに、茶葉を育てる土の質からこだわり、茶葉周りに広がるススキなどを有機肥料として使う昔ながらの農法(世界農業遺産に登録された『茶畑場農法』)を活用しているなど、安全性にも徹底的にこだわっています。

食の三冠王に輝いた美味しさは、国産ならでは!

お茶の味にうるさい日本人も納得できる味こそが『茶流痩々』の魅力。苦みが少なく、甘みのある風味豊かな味わいは、毎日の食事のお供としても相性がバッチリと大好評です。その美味しさの証が、数々の美食アワードでの功績。(静岡県知事賞・最優秀賞、農林水産省総合食品局長賞・準グランプリ、しずおか食セレクション認定)。過去に別のプーアール茶を飲み、「カビ臭い」「不味い」といったイメージを持っている方も、『茶流痩々』を飲めば、きっとネガティブイメージが吹き飛ぶはず。

中国産よりも俄然てんこ盛りな“スリムパワー”!

太陽をたっぷり浴びた肥沃な大地で育った茶葉は、とっても肉厚!その茶葉からつくられたプーアール茶は、栄養がギュッと凝縮されている点も自慢です。中国茶と比べると、脂肪の分解を抑制する重合ポリフェノールは1.7倍、脂肪吸収をブロックし、老化のもとにもなる活性酸素を一撃する没食子酸も1.5倍。そんな国産ならではのスリム力の“濃さ”も『茶流痩々』が選ばれている理由のひとつなのです。


脂肪と決別して、“くびれ美ボディ”を目指すなら、まずプーアール茶の存在は欠かせないところ。さらに、このプーアール茶ブームの今、ほかと差をつけて一歩も二歩も先にスリム化に成功するなら“脂肪スルー型”効果満点の『茶流痩々』を選ぶことは成功への近道になるはずです。

お申し込みは、こちらから



クックパッドダイエットラボ編集部 金子担当<PR> 

カテゴリ別ニュース