簡単に作れて、プレゼントにも◎美人になるという噂の『八宝茶』

カップの中のお花畑のように美しく、漢方で使う食材が入るので体にもいいというお茶。八宝茶は1つ1つのパッケージになっていてお湯を注ぐだけですが、とっても高価なところが‥。そんな八宝茶、実は家にある食材で簡単に作れちゃいます。

八宝茶ってどんなお茶?

薬効素材がブレンドされている中国茶です

八宝茶というからには八つの食材を入れなきゃ。と思われるかもしれませんが、「八宝」とは沢山という意味。沢山の健康に良いといわれる食材が入っているお茶が八宝茶。中国では八という数字は、発音が「発」と同じ。財をなすという「発財」につながるところから縁起が良い数とされています。

薬効のある食材

・花(バラや菊)
・ナッツ(松の実やカシューナッツ、アーモンド)
・ドライフルーツ(山査子やクコ、レーズン、ナツメ)
・柑橘類の皮
・白きくらげ

香りがの高いものが多く、食物繊維やビタミン・ミネラルも豊富。お茶を飲み終わったら、最後にスプーンですくって全て食べられます。ドライフルーツのぷにゅぷにゅ食感がたまりません。お茶も中国茶だけでなく、紅茶や緑茶、ハーブティート応用自在。アレンジがひろがるところも魅力です。

簡単に作れるの?

超簡単。しかもオリジナルメニューが楽しめます

有名料理店の八宝茶に入っているものは、サンザシ、カシューナッツ、黒豆、クコ、氷砂糖、リュウガン、バラの花、白きくらげです。

なじみのある食材が多いということに気が付き、自分でも作ってみました。
ドライフルーツ(クコ、ブルーベリー、パイナップル、オレンジピール)、アーモンド、煎っておいた黒豆、バラの花。それにティーパックのカモミールティーに熱湯を注いで3分待つ。

うーん。ほのかに甘く癒される~。

お気に入りのブレンドができたら

プレゼントにもおすすめ♪

素材は乾物なので、缶に詰めたり、また一人分ずつパッケージしてプレゼントにしても◎

温かい飲み物が恋しい季節は、美人になる八宝茶で(八方美人とお間違いなきように)

カテゴリ別ニュース