【体脂肪率-4.4%減!】夢を実現させる食事ダイエットプログラムとは?!

【体脂肪率-4.4%減!】夢を実現させる食事ダイエットプログラムとは?!

夢のフルマラソン3時間切りを達成させるために、ご来店いただいた岩崎晃彦さん。管理栄養士の力を借りて、なかなか取り組むことのできなかった食事改善にチャレンジ!管理栄養士と一緒だからできたダイエット成功体験談をご紹介します。
※2016年10月、「株式会社クックパッド ダイエットラボ」から「株式会社フィッツプラス」に社名を変更いたしました。変更に伴い本記事の内容も更新しています。

ダイエットだけじゃない!ダイエットプラスラボのマンツーマンコースって?

「1人ではできなかった」食事改善をサポート

夢であった「フルマラソン3時間切り」の達成目前にして、トレーニングによる足の痛みから、思ったような練習が出来ず記録の足踏み状態が続いていた岩崎さん。(写真は、5年前に参加した初マラソン時にスタミナ切れをしている様子です。)
ランニング仲間であり、憧れでもある「芸能人女子最速ランナー西谷綾子さん」から食事のアドバイスをもらったことがきっかけで、思い切って食事改善をしようと決意し、ダイエットプラスラボにご来店されました。

岩崎さんを紹介した西谷さんも、ダイエットプラスラボにご来店されるまでは食事の偏りが目立ち、担当トレーナーから「フルマラソンを走れるのが奇跡的」と言われるほどでした。
>>西谷さんの体験レポートはこちら

減量だけでなくフルマラソンを走りきる!ベストタイムを更新する!
そんなカラダ作りをダイエットプラスの管理栄養士がサポートしました。

「なりたいカラダ」をつくるための3つの食事改善点

管理栄養士とのカウンセリングで見つかった改善点

「今までランニングを行うにあたって、自分の中では食事の優先順位は低かったと思います。」と食生活を振り返っていただいた岩崎さん。
プロの管理栄養士としっかりカウンセリングを行い、目標にしていた夢のフルマラソン3時間切りを達成したい!という熱い想いから、3つの改善点を心がけました。

①慌ただしい朝にバランスを意識して食事をする。
②夜遅い場合は夕食のメニューに気を付ける。
③練習前後の補食の内容を意識する。

食事のバランスを見直すだけで、驚きの変化が!

バランスを意識して食事をする

まず、岩崎さんに不足していたのは圧倒的な「野菜類」でした。また極端に甘いものを好む傾向がありました。運動をしている方は、汗などでビタミン・ミネラル類が流れてしまうので貧血状態に陥ります。貧血状態になることでスタミナ切れになり、走行時の疲れを感じやすく、思うように結果が出せなかったことが考えられます。

担当のトレーナーからは、「野菜・海藻・きのこ類を取り入れバランスの良い食事を心がけるように」とのアドバイス!岩崎さんは記録更新のため、トマトや果物だけの食事から副菜の数を増やし彩りを意識するようにしました。また、手軽で調理がしやすい乾物を使って食物繊維とミネラル類を取り入れ、貧血を防止していきました。また、朝は忙しく時間に追われてしまいがちですが、1回の食事で不足していたエネルギーのもとになる炭水化物を2回にわけて補いました。

夜遅い場合は夕食のメニューに気を付ける

フルマラソンを走りきるためにも、余分な脂肪を蓄えないように意識をしている岩崎さん。遅い時間帯に食事をする機会が多いので、太らないカラダ作りのためにも食事の時間帯を2回に分けたことがダイエット成功のカギでした。
夜の遅い時間帯の食事は、遺伝子の関係で食べたものが脂肪になりやすいので要注意です。そのため、炭水化物は18:00頃までに食べ終え、帰宅後は野菜やたんぱく質を取り入れて血糖値があがりにくい食事をすることで太りにくいカラダ作りを目指しました。

練習前後の補食の内容を意識する

また、運動をする上で大切なのは「たんぱく質」です。
ランナーさんが走るうえでスタミナを維持するのに大切なのが筋肉量です。そのためには、運動した分しっかりとたんぱく質を補うことが大切です。一般の人よりも運動量が多い岩崎さんは、間食に甘い食べ物をやめ栄養素をしっかり補給できるたんぱく質の間食(補食)へシフトしました。食事改善を行うことで
「疲労回復が早まる!⇒高負荷な練習を増やせる!⇒強い身体に進化!⇒自信がつきメンタルも強化!」と、好循環のサイクルが廻り始めたと実感できた岩崎さん。余計な脂肪がなくなり、筋肉量が増えたことで強いカラダ作りへと今までに感じなかった変化が起こりはじめました。

お試しカウンセリングを受けてみる!

ダイエットプラスの魅力

目に見える体成分測定の結果でモチベーションアップ

ラボにご来店の際には、毎回体成分測定を行い、毎月の体の変化が目に見えるので、自然とモチベーションのアップにつながります。岩崎さんも「なにより、努力の結果がハッキリと数値化されるので嬉しかったです!」と振り返っていました。
岩崎さんの最終体重はご覧の通り、体重・脂肪量・筋肉量が全て標準範囲内に収まっています。ダイエットをする上で、体重が減量したからといって必ずしも脂肪量だけが落ちているとは限りません。偏った食事をすることで、マラソンを走るうえでスタミナを維持するために重要な筋肉量が減ってしまうことも。岩崎さんは管理栄養士のアドバイスでバランスの良い食事を心がけた結果、標準の範囲内をキープしたまま見事脂肪量だけ大幅な削減に成功しました。

パーソナルだからこその細かいアドバイス

プロの管理栄養士との個別カウンセリングでは、その時の自分にあったダイエットの目標を設定します。管理栄養士からのきめ細かい目標設定と的確なアドバイスがあるからこそ、ダイエットを成功させることができるのです。岩崎さんはプロの管理栄養士から、練習内容に合わせた具体的なメニューや摂取タイミング、レース当日の過ごし方に至るまで細かくアドバイスを受け、体脂肪量がスルスルと落ちていくとカラダが軽くなり、練習の効率も高まっていきました。

「オンラインカウンセリング」でいつでも相談

困ったときにはオンラインカウンセリングで相談し、管理栄養士が親身にサポートしていきます。困ったときには、気軽に相談できるので挫折しにくいポイントの1つ!いつでも親身な管理栄養士がダイエットに関する疑問にお答えします!

夢のフルマラソン3時間切り目標達成!

9回目の挑戦で目標達成

フルマラソン3時間切りを本格的に意識し始めて2年間、何度も失敗し悔しい時期を経験し、自分に足りなかった持久力不足をダイエットプラスの食事改善で克服した岩崎さん。
神戸マラソンでは、これまでのようなフルマラソン後半25km過ぎの大失速もなく、イメージ通りの粘り強い走りを実現させることができました。そのおかげで、9回目の挑戦で念願の初サブスリーを達成!その後の東京マラソンでも、2時間56分の自己ベストを記録!また、出張先のカリフォルニアで出場した10kmレースでは、1,200人中2位を獲得することができました。
これもマンツーマンで食事のアドバイスをしてくれたプロの管理栄養士のおかげですね♪

5年前と大違い!

食事を変えただけでスタミナ力がアップ!5年前と現在の写真を見比べても、表情に余裕がみられる岩崎さんでした。

担当の管理栄養士からコメント

木村 香菜(管理栄養士)

「フルマラソンで自己ベストを更新したい!」というはっきりとした目標を持って取り組まれていた岩崎さん。
その揺るがない目標のおかげで半年間、中だるみすることも一切なくランの練習と食事管理を両立されていてそのすべてが目標達成につながっていました。毎日のお食事を拝見することで見えてくる課題を確実にクリアしていくその姿勢、素晴らしかったです!
体重や練習内容、大会までの期間などを見ながら食事量や食事内容を調整する方法をぜひこれからも活かしていただければと思います。

その他のダイエットトレーナーについてはこちら

夏はすぐそこ!やせるなら今!

まずは「お試しカウンセリング」でやせない原因を見つけ出しませんか?

プールに海に♪バーベキュー!
肌見せが多くなる季節まであと少し!今年こそは、自信のない自分のカラダにサヨナラしませんか?ダイエット成功率83%の実績を誇る、プロの管理栄養士が親身にサポートします。まずは、「お試しカウンセリング」で自分のカラダを知っていきましょう!

ご予約はこちら


【やせ習慣が身につく】管理栄養士が食生活をコーディネートするアプリって?

まずは無料でスタート♪食事を撮るだけ、プロから食事のアドバイスが届く!
  • ・専属の管理栄養士がダイエットをサポート
  • ・食制限なし!正しく食べて身につく「やせ習慣」♪
  • ・管理栄養士が、写真を目で見て丁寧にアドバイス。AIではありません!
  • ・「あってるかな?」そんな食事のお悩みを正しい知識でアドバイス

カテゴリ別ニュース