調理方法でカロリーはここまで変わる!

もし昼食で、チキンカツ定食と鶏の照り焼き定食があったらどちらを選びますか?この時に気をつけたいのは調理方法の違いです!

調理方法でカロリーはここまで変わる!

気にしていますか?料理の調理方法

高カロリーとはわかっていても、揚げ物のようなこってり系がやっぱり好き!という方は多いですね。もし昼食で、チキンカツ定食と鶏の照り焼き定食があったらどちらを選びますか?この時に気をつけたいのは調理方法の違いです。同じ鶏肉だし、そんなに変わらないのでは?と思っても、この調理方法のチェックこそ、ダイエットが成功するかの否かの別れ道です。日頃、ごはんの量は少なめにしたり、たまにはウォーキングをしたり色々と気にしているものの、思ったように体重が減らない、とお悩みの方はとくに必見ですよ!

本当に揚げ物ってそんなに高カロリー?

同じ重量(100g)の鶏もも肉であっても、蒸し鶏で190kcal、照り焼きで210kcal、唐揚げで320kcal、チキンカツで420kcalと調理方法によってカロリーはここまで変わります。チキンカツのカロリーは照り焼きのなんと2倍にもなっています。油を吸った揚げ衣がカロリーの半分をも占めているのです。衣の厚さが厚いほどカロリーも上がりますので、唐揚げよりもチキンカツの方が高カロリーです。お肉が好き!という方も多いですが、お肉でも調理方法の選び方次第で、賢くカロリーコントロールができます。

丼メニューも調理方法を要チェック

丼もののメニューでも、カツ丼900 kcal、天丼800 kcal、牛丼680 kcal、親子丼630 kcal。お馴染みの丼ものでも、具を揚げるか煮るかでここまでカロリーに差が出てきます。また、目に見えない油にも要注意です。ご飯や麺類は油を吸いやすく、チャーハンや焼きそばlなどは調理に油を多く使いますので、油だけでも 150kcalほどもあります。自宅で調理する際にはテフロン加工されたフライパンを使うと、油の使用量を減らすことができます。

居酒屋で揚げ物のオンパレードになってませんか

ダイエット中は食事量だけでなく、調理方法として揚げ物の頻度が多くないかチェックしてみましょう。とくに居酒屋でのメニューは揚げ物のオンパレードになりがち。揚げ油は、リノール酸という炎症作用のある物質を含んでいます。リノール酸の摂り過ぎはぜん息や関節炎、アトピーなどのアレルギー、老化、がんといった原因の一つにもなります。くれぐれもリノール酸を摂り過ぎには注意し、もし、揚げ物を食べたら、次の食事はさっぱりとした食事にするなど、バランスを取るよう心がけていきましょう。

カテゴリ別ニュース