冷めてもやわらか!鮭のムニエル

冷めてもやわらか!鮭のムニエル
161kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約190円
費用目安(1人分)

鮭に含まれるアスタキサンチンには強力な抗酸化作用があり、美容や若さの維持に嬉しい栄養成分です。小麦粉で栄養をとじ込め、ふっくらジューシーに焼き上げましょう。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(1人分)

鮭 切り身 1切れ
薄力粉 小さじ1
塩こしょう 少々
お好きなハーブ 適量
バター サイコロ大1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、小麦)

作り方

  • 1

    鮭に塩こしょう、お好みでハーブをふり、さらに小麦粉を薄くまぶす。

  • 2

    フライパンにバターをしき、溶けたら①を入れ、弱めの中火で2分半動かさずに焼く。裏返して蓋をし3分焼く。

  • 3

    器に盛り、お好みでさらにハーブを散らす。

管理栄養士からのコツ・ポイント

表面をカリッと焼いた後、裏返して蓋をし、中まで火を通すことで旨味をとじ込めます。

栄養素(1人分)

エネルギー 161kcal ビタミンB2 0.11mg
たんぱく質 16.1g 葉酸 9μg
脂質 8.9g ビタミンC 0mg
炭水化物 2.6g コレステロール 50mg
カルシウム 13mg 食物繊維総量 0.1g
0.5mg 食塩相当量 0.4g
ビタミンB1 0.19mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す