冬瓜と桜エビの中華スープ

冬瓜と桜エビの中華スープ
18kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約80円
費用目安(1人分)

やわらかい冬瓜にとろりとしたスープ、桜エビの塩味がアクセントになります。しょうがに含まれるジンゲオールは血行を促進し、体を温める効果があると言われています。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(2人分)

とうがん 正味100g
しいたけ 中1本
1と1/2カップ
こねぎ 10cm
さくらえび(素干し) 小さじ1
合わせ調味料A
中華だし(顆粒) 小さじ2/3
しょうがおろし 3cm
少々
合わせ調味料B
かたくり粉 小さじ1/2
小さじ1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    とうがんは厚めに皮をむき、実を5mmの薄切りにする。
    しいたけは軸をとり、かさを5mmの薄切りにする。

  • 2

    小鍋に1のとうがんとしいたけ、水、合わせ調味料Aを入れて中火にかける。
    沸騰したら弱火にして3分ほど加熱し火を止める。

  • 3

    おたまでかき混ぜながら合わせ調味料Bを加えてよく混ぜる。
    中火にかけ、かき混ぜながらとろみが付くまで加熱する。

  • 4

    器に盛り、上から小口切りにしたこねぎとさくらえびをのせたら出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

さくらえびは後のせにすることで食感が良く仕上がります。

栄養素(1人分)

エネルギー 18kcal ビタミンB2 0.03mg
たんぱく質 1.0g 葉酸 26μg
脂質 0.1g ビタミンC 24mg
炭水化物 3.8g コレステロール 4mg
カルシウム 26mg 食物繊維総量 1.1g
0.2mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.02mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す