こんな人は要注意!

  • アレルギー (豚肉、大豆)

管理栄養士からのコツ・ポイント

マーボー豆腐には、鶏がらスープの素や中華スープの素を使用することも多いですが、今回のマーボー豆腐は、だし汁を使用していることが和風に仕上げるためのポイントです。だし汁を使用することで優しい味わいになるので、お子様でも食べやすくなっていますよ。 食材を煮出して作るだし汁は風味がよく、塩分も最小限に抑えやすくなります。まとまった量を一度に作り製氷皿に入れて冷凍保存すると、使いたい時に使いたいだけ使えるので便利でおすすめです。中華料理には中華のだし、と決めてしまうのではなく、柔軟にだし汁も活用されると、日頃食べ慣れたメニューに味の変化が付き、新たな定番の味付けにもなるかもしれませんね!

栄養素(1人分)

エネルギー 514kcal ビタミンB2 0.46mg
たんぱく質 24.5g 葉酸 171μg
脂質 15.3g ビタミンC 48mg
炭水化物 71.9g コレステロール 30mg
カルシウム 207mg 食物繊維総量 12.7g
4.3mg 食塩相当量 2.6g
ビタミンB1 0.66mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。