ボリューム満点!春雨中華スープ

ボリューム満点!春雨中華スープ
43kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間

このレシピの特徴

野菜をたくさん使った具沢山の中華スープです。加熱した野菜は生野菜に比べるとカサが減るので、野菜を一度にたくさんとることができます。また、調理の過程で水に溶け出てしまった水溶性のビタミン、ミネラルも、スープで食べるとしっかりとることができます。春雨入りでボリュームがあるので、一品でお腹も満たされる副菜となっていますよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(2人分)

白菜 80g
にんじん(中) 5cm
青ネギ 少々
ハム 1/2枚
もやし 1/3袋
春雨 10g
鶏ガラスープの素 小さじ1
ひとつまみ
250㏄
こしょう 少々

作り方

  • 1

    白菜は細目に切る。にんじんは細目の千切りにする。青ネギは小口切りにしておく。ハムは細切りにする。春雨はぬるま湯につけて戻しておく。

  • 2

    小鍋に白菜、にんじん、もやし、ハム、水を入れ、蓋をして10分ほど弱火で煮る。野菜が柔らかくなったら春雨、鶏ガラスープの素を入れ、さらに5分ほど煮る。塩、こしょうで味を整える。器に盛り付け、青ネギをかければ完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

にんじんは加熱に時間がかかる固い野菜なので、薄く細目の千切りにすると他の野菜と同時に仕上げることができます。春雨はそのまま入れると汁気をかなり吸ってしまうので、水に漬けて軽く戻しておいてください。

栄養素(1人分)

エネルギー 43kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 2.1g 葉酸 84μg
脂質 0.5g ビタミンC 41mg
炭水化物 8.3g コレステロール 2mg
カルシウム 68mg 食物繊維総量 2.1g
1.1mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.07mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す