極とろ練乳ミルクプリン

極とろ練乳ミルクプリン
114kcal
総エネルギー量
約90分
調理時間
約60円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

スプーンでやっとすくえる極とろのミルクプリンです。さらにとろとろの練乳クリームを合わせて、とろける食感をお楽しみください。なつかしい甘さで幸せの味。牛乳、練乳、生クリームと、乳製品を多く使用しカルシウムたっぷりです。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(6人分)

牛乳 1と1/2カップ
アガー 6g
1カップ
加糖練乳 大さじ4
生クリーム 1/3カップ

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    【プリンを作る】
    牛乳を耐熱容器に入れラップをし、600Wで1分半レンジ加熱し、人肌に温める。

  • 2

    鍋にアガー、水を入れ、混ぜながら中火にかける。
    沸騰したら混ぜながら1分加熱し、火を止めて1を合わせる。

  • 3

    18cm×18cmのスクエア型に流し入れて、粗熱が取れたらラップをかけ、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。

  • 4

    【練乳クリームを作る】
    練乳と生クリームをボウルに入れ、混ぜるとうっすらと跡が付く程度の8分立てにする。

  • 5

    良く冷えた3の上に、4をヘラなどを使ってポンポンとのせる。
    スプーンですくい、取り分けていただく。

管理栄養士からのコツ・ポイント

練乳クリームの硬さが食感のポイントです。「トロリとしているけどなんとか形が残る」混ぜ加減がおすすめですが、お好みでどうぞ。

栄養素(1人分)

エネルギー 114kcal ビタミンB2 0.13mg
たんぱく質 2.6g 葉酸 3μg
脂質 7.6g ビタミンC 1mg
炭水化物 9.1g コレステロール 15mg
カルシウム 88mg 食物繊維総量 0.8g
0.1mg 食塩相当量 0.1g
ビタミンB1 0.03mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す