こんな人は要注意!

  • アレルギー (大豆、ごま)

管理栄養士からのコツ・ポイント

お刺身は新鮮なままお魚を食べることができる嬉しいメニューですが、お醤油をたっぷりとつけてしまうことで塩分を多く摂取してしまうことも…。そんな時に活躍してくれるのが香味野菜。お刺身についていることの多いシソやわさびを活用することでお醤油の量を控えやすくなります。 また、今回のようににんにくの風味をつけて焼くと、にんにくの食欲そそる香りや焼くことで生まれる食感、うま味のおかげで満足しやすくなり、減塩効果が狙いやすくなりますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 504kcal ビタミンB2 0.35mg
たんぱく質 29.7g 葉酸 169μg
脂質 13.2g ビタミンC 39mg
炭水化物 67.6g コレステロール 40mg
カルシウム 160mg 食物繊維総量 9.0g
3.8mg 食塩相当量 2.8g
ビタミンB1 0.34mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。