こんにゃくとなすの簡単三種の田楽

こんにゃくとなすの簡単三種の田楽
63kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約100円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

低カロリーで食べ応えのあるこんにゃくは、ダイエットの心強い味方です。甘い味噌をのせた田楽は、お子さまにも食べやすい味付けになっていますよ♪味噌と相性抜群の茄子と、ししとうを一緒に串刺しにすることで、見た目も華やかでボリュームのある副菜になっています!

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(2人分)

こんにゃく 60g
茄子 80g
小さじ1/2
ししとう 8本
すりごま 少々
田楽味噌
みそ 小さじ2
しょうゆ 小さじ1/2
みりん 小さじ1/2
砂糖 小さじ2

作り方

  • 1

    こんにゃくは正方形のものが4個になるように切り分け、下茹でしておく。田楽味噌は合わせておく。

  • 2

    茄子は3㎝ほどの厚さになるよう丸く切り、水にしばらくつけてアクをとる。耐熱容器に入れてラップをし、600wのレンジで1分ほど加熱する。

  • 3

    竹串に茄子、こんにゃく、ししとうを刺す。茄子は表面に油を塗り、さらに上から田楽味噌を塗る。こんにゃくにも田楽味噌を塗る。

  • 4

    オーブントースターに鉄板もしくはアルミホイルを敷き、3を乗せて3分ほど焼く。味噌の上にすりごまを乗せ、器に盛り付ければ完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

茄子は油を控えるために一度レンジで加熱してから油を塗っています。焼き具合はご家庭のオーブントースターで調整してください。

栄養素(1人分)

エネルギー 63kcal ビタミンB2 0.06mg
たんぱく質 2.1g 葉酸 31μg
脂質 1.6g ビタミンC 24mg
炭水化物 11.1g コレステロール 0mg
カルシウム 33mg 食物繊維総量 3.3g
0.7mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.05mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す