とろけるオレンジパンナコッタ

とろけるオレンジパンナコッタ
191kcal
総エネルギー量
約120分
調理時間

パンナコッタにオレンジゼリーを重ねた、見た目も可愛いデザートです。パンナコッタもゼリーもやわらかい食感に仕上げるのでとろける食感を楽しめます。パンナコッタに使われている牛乳や生クリームには筋肉の材料となるたんぱく質や、骨や歯の健康維持につながるカルシウムが豊富に含まれています。

藤井 歩
管理栄養士
藤井 歩

材料(6人分)

大さじ2
粉ゼラチン 小さじ2
牛乳 1カップ
生クリーム 1カップ
砂糖 大さじ2
オレンジゼリー
大さじ1
粉ゼラチン 小さじ1
オレンジジュース(果汁100%) 200ml

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    【パンナコッタ】
    器に水(大さじ2)と粉ゼラチン(小さじ2)を入れてふやかしておく。

  • 2

    小鍋に牛乳と生クリーム、砂糖を加えて中火で熱し、へらなどで混ぜて砂糖をとかしながら沸騰直前まで加熱し、火を止める。

  • 3

    2に1のゼラチンを加えてさらに混ぜ、余熱で溶かす。

  • 4

    3を6等分に容器に流し入れ、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固める。

  • 5

    【オレンジゼリー】
    パンナコッタを冷やし固めている間にオレンジゼリーを作る。
    器に水(大さじ1)と粉ゼラチン(小さじ1)を入れてふやかしておく。
    小鍋にオレンジジュースを入れて中火で熱し、沸騰直前で火を止め、ふやかしたゼラチンを加えてへらなどで混ぜ、余熱で溶かす。

  • 6

    4のパンナコッタが固まり、5のオレンジゼリーの液がしっかりと冷めたら、オレンジゼリーの半分はバットなどに流し入れ、もう半分はパンナコッタの上から均等に流し入れる。
    冷蔵庫で1時間ほど冷やしてゼリーを固める。

  • 7

    オレンジゼリーが固まったら、冷蔵庫からパンナコッタの容器とバットを取り出す。
    バットに流したオレンジゼリーをスプーンなどでクラッシュゼリーにし、パンナコッタにトッピングする。
    さらにお好みでセルフィーユやミントなど(分量外)を飾り付けて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

今回のレシピではオレンジゼリーの半分はクラッシュゼリーにしていますが、手間を省きたい場合は全量をパンナコッタの上からかけて冷やし固めてもOKです。

栄養素(1人分)

エネルギー 191kcal ビタミンB2 0.1mg
たんぱく質 3.4g 葉酸 10μg
脂質 15.7g ビタミンC 8mg
炭水化物 9.2g コレステロール 26mg
カルシウム 58mg 食物繊維総量 0.1g
0.1mg 食塩相当量 0.1g
ビタミンB1 0.04mg

このレシピの作者

藤井 歩

管理栄養士

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。

関連するレシピの特徴から探す