簡単手作り!長芋の焼きさつま揚げ

簡単手作り!長芋の焼きさつま揚げ
144kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約110円
費用目安(1人分)

長芋がたっぷり入ったさつま揚げです。長芋をあえて荒く崩し、サクッとした食感を残しています。かれいに含まれるタウリンは、肝臓の働きを助け、コレステロールの上昇を抑えることが期待できます。油で揚げずに焼くことで、カロリーを抑えています。

原 美香
管理栄養士
原 美香

材料(1人分)

ながいも 5cm
にんじん 2.5cm
かれい(皮、骨なし) 1/4切れ(30g)
少々
片栗粉 大さじ1/2
ごま油 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2

作り方

  • 1

    ながいもは皮をむき、1cmの厚さに切る。にんじんは皮をむき、せん切りにする。

  • 2

    すり鉢にかれいと塩を入れて、滑らかになるまでする。ここに1のながいもを加え、最初に荒くつぶす。ながいものかたまりが残るようにすりながら、かれいと合わせる。

  • 3

    2に1のにんじんと片栗粉を加えて混ぜ合わせ、5等分にする。フライパンにごま油を入れてこんがりと焼く。

  • 4

    仕上げにしょうゆを加えて、手早く絡める。皿に盛り付ける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

すり鉢がないときはブレンダーを使い、ながいも、かれい、塩を混ぜ合わせましょう。このとき、ながいもの半分は残し、叩いて崩したものを合わせると食感が残ります。

栄養素(1人分)

エネルギー 144kcal ビタミンB2 0.15mg
たんぱく質 7.9g 葉酸 17μg
脂質 4.7g ビタミンC 7mg
炭水化物 17.6g コレステロール 21mg
カルシウム 38mg 食物繊維総量 1.9g
0.5mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.11mg

このレシピの作者

原 美香

管理栄養士

食品会社で商品開発を経験後、管理栄養士の会社で特定保健指導、スーパーや惣菜店のメニュー開発、料理教室等に携わる。現在はオンラインでコラム執筆、レシピ開発を行っている。1男1女の母としても奮闘中。栄養バランスはもちろん、生活が楽しく豊かになるメニュー作りを目指しています!

関連するレシピの特徴から探す