厚揚げとゴーヤの塩麹炒め

厚揚げとゴーヤの塩麹炒め
247kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約180円
費用目安(1人分)

ゴーヤの独特な苦みの成分には、胃液の分泌を促進して食欲をアップさせる効果あり、夏バテにうってつけの食材。肝機能を高めたり、血糖値を改善する働きにも効果があるといわれています。ビタミンCも豊富で、熱に強いため、炒め物などの加熱調理に向いています。

中井 エリカ
管理栄養士、FP2級
中井 エリカ

材料(2人分)

厚揚げ 1個
ゴーヤ 1/4本
塩麹 小さじ1
かつおぶし 適量
サラダ油 小さじ1/2

作り方

  • 1

    ゴーヤは縦半分に割り、ワタをスプーンで取り除いたら薄切りにする。厚揚げは食べやすい大きさに切る。

  • 2

    フライパンにサラダ油を熱し、ゴーヤと厚揚げを炒める。ゴーヤに火が通り、厚揚げに焼き目が付いたら塩麹を加えてさっと炒める。

  • 3

    器にうつし、かつお節を盛って出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ゴーヤの苦みが苦手な場合は、切った後に塩もみするか下茹ですると苦みが和らぎます。

栄養素(1人分)

エネルギー 247kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 16.0g 葉酸 68μg
脂質 17.9g ビタミンC 38mg
炭水化物 5.2g コレステロール 1mg
カルシウム 343mg 食物繊維総量 2.3g
3.9mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.13mg

このレシピの作者

中井 エリカ

管理栄養士、FP2級

大学卒業後、管理栄養士免許を取得。社員食堂にてレシピ・献立の作成を担当。現在は主にwebサイトの健康・栄養関連の記事執筆や、レシピ開発などフリーで活動している。

関連するレシピの特徴から探す