覚えておきたい基本のお好み焼き

覚えておきたい基本のお好み焼き
387kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約180円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

お好み焼きをふんわり仕上げるコツは、キャベツは粗いみじん切りにすること。卵は後から加えてさっくりと混ぜることです。生地を流し入れたら、ぎゅうぎゅうと押し付けずに、じっくり蒸し焼きにするのもポイントですね。

矢島南弥子
管理栄養士・フードコーディネーター
矢島南弥子

材料(1人分)

キャベツ 2枚(200g)
豚もも赤身薄切り 2枚(30g)
1個
サラダ油 少々
少々
こしょう 少々
お好み焼きソース 適量
マヨネーズ 適量
青のり 適量
紅生姜 適量
A(生地)
小麦粉 大さじ4
1/4カップ
和風だしの素 小さじ1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、小麦)

作り方

  • 1

    キャベツは粗いみじん切りにする。

  • 2

    A(生地)をよく混ぜて、1と卵を加えてさっくりと混ぜる。

  • 3

    フライパンにサラダ油を熱し、2を流し入れて、豚肉を広げて塩こしょうをふる。蓋をして3分蒸し焼きにしたら裏返す。蓋をしてさらに3分焼く。

  • 4

    器に盛り、お好み焼きソース、マヨネーズ、青のり、紅生姜をふる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

キャベツには、抗酸化作用や、免疫力を高める働きのあるビタミンCが豊富に含まれ、大きな葉2枚程で1日の必要量をまかなえるほどです。

栄養素(1人分)

エネルギー 387kcal ビタミンB2 0.37mg
たんぱく質 20.6g 葉酸 184μg
脂質 10.0g ビタミンC 82mg
炭水化物 52.5g コレステロール 233mg
カルシウム 129mg 食物繊維総量 5.1g
2.3mg 食塩相当量 1.8g
ビタミンB1 0.46mg

このレシピの作者

矢島南弥子

管理栄養士・フードコーディネーター

懐石料理、西洋料理、薬膳料理、フードコーディネートを学び、フードコーディネーターとして雑誌や書籍のレシピ制作や広告撮影に携わる。また、管理栄養士として、ダイエットレストランや、ホテルフェアの監修、クリニックにて栄養指導に従事、資格を活かした実績も多い。

関連するレシピの特徴から探す