リンゴのガトーインビジブル風チーズケーキ

リンゴのガトーインビジブル風チーズケーキ
176kcal
総エネルギー量
約90分
調理時間
約80円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

フランス発祥のガトーインビジブルは、食材を層になるよう重ねているので、切った時の断面を楽しめる食べ物です。チーズケーキに低脂質な果物であるリンゴをたくさん入れることで、高カロリーなチーズの量を減らし、カロリーを抑えたスイーツになるよう仕上げました。生クリームも不使用なので、ダイエット中でも嬉しいケーキです♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(6人分)

クリームチーズ 100g
無糖ヨーグルト 100g
1個
薄力粉 大さじ2
砂糖 50g
バター(食塩不使用) 20g
リンゴ 1玉
粉糖 少々

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、乳、小麦)

作り方

  • 1

    〈下準備〉
    クリームチーズは常温に戻し、柔らかくする。薄力粉はふるっておく。卵は溶きほぐしておく。バターは湯せんで溶かしておく。オーブンは170℃に予熱する。15㎝のケーキ型に型紙をしいておく。

  • 2

    リンゴは4等分に切って皮をむき、0.5㎝ほどの厚みになるようスライスする。

  • 3

    ボウルにクリームチーズ、ヨーグルト、砂糖を入れ、泡立て器でよく混ぜる。卵を加えてさらに混ぜ、薄力粉を入れてさっくり混ぜる。溶かしバターを加えて軽く混ぜる。

  • 4

    ケーキ型に3の生地を流し入れ、2のリンゴの1/3を敷き詰める。上から生地を流し入れ、再度リンゴを敷き詰める。リンゴの層が三層になるよう繰り返す。一番上の層は、リンゴの表面が見える程度に生地を上からかける。

  • 5

    予熱したオーブンに4を入れ、170℃で50~60分焼く。表面にうっすら焼き色が付けば焼き上がり。型のまま粗熱をとり、冷めたら冷蔵庫に入れて冷やす。食べる直前に粉糖をかければ完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

火の通りを均一にするために、リンゴの厚みはそろえるように切り分けてください。小麦粉は混ぜすぎるとグルテンが出てしまうので、入れた後は軽く混ぜる程度にしてください。生地が流れ出てしまうので、型は底が抜けないタイプのものを使ってください。

栄養素(1人分)

エネルギー 176kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 3.3g 葉酸 9μg
脂質 9.8g ビタミンC 2mg
炭水化物 18.9g コレステロール 57mg
カルシウム 38mg 食物繊維総量 0.6g
0.2mg 食塩相当量 0.2g
ビタミンB1 0.03mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す