春菊と人参の白和え

春菊と人参の白和え
142kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間

このレシピの特徴

ほろ苦い味が特徴の春菊ですが、白和えにする事で優しい味わいとなり食べやすくなります。にんじんを加える事で彩りが良くなりますし、栄養価もアップします。豆腐に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、更年期障害の予防・改善に効果的と言われています。

藤井 歩
管理栄養士
藤井 歩

材料(2人分)

春菊 1/2束
にんじん 1/2本
絹ごし豆腐 150g
すりごま 大さじ2
砂糖 大さじ1
減塩しょうゆ 大さじ1

作り方

  • 1

    にんじんは3cm程度の短冊切りにする。
    豆腐はキッチンペーパーで包み、レンジで約3分加熱して水切りする。

  • 2

    春菊とにんじんを茹でてざるにあげ、春菊の水気をしっかりと絞り3cm程度に切る。

  • 3

    ボウルに水切りした豆腐とすりごま、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ、和え衣をつくる。
    水気をとった春菊とにんじんをボウルに加え和えたら完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豆腐はしっかりと水切りしておく事で水分が出にくくなりますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 142kcal ビタミンB2 0.17mg
たんぱく質 7.6g 葉酸 130μg
脂質 6.7g ビタミンC 13mg
炭水化物 14.7g コレステロール 0mg
カルシウム 183mg 食物繊維総量 4.6g
2.7mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.21mg

このレシピの作者

藤井 歩

管理栄養士

大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係の様々な業務に携わっています。

関連するレシピの特徴から探す