いちごたっぷり!二層のミルクプリン

いちごたっぷり!二層のミルクプリン
103kcal
総エネルギー量
約120分
調理時間
約100円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

いちごをたっぷり使ったミルクプリンです。スライスしたいちごを側面に飾ることで、見た目が華やかになるよう仕上げました。二層のプリンは手間がかかるイメージがありますが、電子レンジを使って調理をするので簡単に作ることができます♪低脂肪乳を使っているので脂質を抑えていますが、コンデンスミルクの甘みがいちごを引き立てているので、低カロリーで美味しいスイーツになっています。

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(2人分)

いちご(飾り用) 中3粒(中心の部分のみ使用)
ミント(あれば) 少々
いちごプリン層
いちご(裏ごしした状態) 60g(中6、7粒分)
低脂肪乳 100㏄
コンデンスミルク 小さじ2
砂糖 大さじ1
粉ゼラチン 小さじ1(3g)
ミルクプリン層
低脂肪乳 50㏄
砂糖 小さじ1
粉ゼラチン 小さじ1/3

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    いちごはヘタを取り除く。飾り用のいちごは真ん中の部分を0.5mmほどの厚さに薄くスライスし、器の周囲に貼れる分だけ用意する(4、5枚)。残った端の部分はいちごプリン用にまわす。いちごプリン用のいちごはフォークの背でつぶした後、目の粗いザルで裏ごしする。

  • 2

    耐熱容器にいちごプリン用の牛乳、コンデンスミルク、砂糖を入れ、500wのレンジで1分30秒加熱する。ゼラチンを加えてよく混ぜ、容器ごと氷水につけて粗熱をとる。粗熱がとれたら、裏ごししていたいちご液と混ぜる。

  • 3

    器の側面に飾り用のいちごを貼りつける。2のいちごプリンの液をゆっくり注ぎ、冷蔵庫で固まるまで1時間ほど冷やしておく。

  • 4

    耐熱容器にミルクプリン用の牛乳、砂糖を入れ、500wのレンジで50秒加熱する。ゼラチンを加えてよく混ぜ、容器ごと氷水につけて冷やす。冷えたら3のいちごプリンの層の上に流し入れ、冷蔵庫でさらに1時間冷やす。固まれば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ゼラチンは沸騰させるとたんぱく質が変性し、固まらなくなることがあります。いちごは粒が入っても美味しいので、裏ごしするザルは目の粗いもので大丈夫です。いちごは加熱すると色が悪くなるので、熱い状態のミルク液と混ぜないようにしてください。

栄養素(1人分)

エネルギー 103kcal ビタミンB2 0.17mg
たんぱく質 5.5g 葉酸 41μg
脂質 1.4g ビタミンC 28mg
炭水化物 17.8g コレステロール 6mg
カルシウム 124mg 食物繊維総量 0.6g
0.2mg 食塩相当量 0.2g
ビタミンB1 0.05mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す