ベーコンが味の決め手!洋風チャンプルー

ベーコンが味の決め手!洋風チャンプルー
248kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約90円
費用目安(1人分)

「チャンプルー」は沖縄の方言で「混ぜる」という意味があります。味が淡泊なお豆腐に脂と旨味があるベーコンを合わせ、少々のコンソメで味付けをした洋風の炒め物です。ご飯はもちろん、パンにも合います!

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(2人分)

木綿豆腐 1/2丁(150g)
ベーコン 3枚
ぶなしめじ 1/4袋
ピーマン 1/2個
1個
小さじ2
ひとつまみ
こしょう 少々
顆粒コンソメ 小さじ1/3

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    豆腐は手で大きめに崩して耐熱皿に入れ、ラップをせず電子レンジ600Wで2分ほど加熱する。荒熱がとれたらペーパーで水気をとる。

  • 2

    ベーコンは食べやすい大きさに切る。しめじは石突きをとりほぐしておく。ピーマンはヘタと種をとり食べやすい大きさに切る。卵は溶きほぐす。

  • 3

    油を熱したフライパンに豆腐とベーコンを入れ、表面に焼き色がつくまで炒める。

  • 4

    しめじとピーマンを加え、塩とこしょう、コンソメを加えさっと炒め混ぜ、強めの中火にして溶き卵を回しかける。

  • 5

    ヘラで豆腐が崩れないように大きく混ぜ、卵にしっかり火を通す。器に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豆腐は水分が多く残っていると味が薄く感じるため、炒める前にも表面の水気をペーパーで押さえましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 248kcal ビタミンB2 0.19mg
たんぱく質 12.4g 葉酸 27μg
脂質 20.7g ビタミンC 14mg
炭水化物 2.4g コレステロール 115mg
カルシウム 86mg 食物繊維総量 1.3g
1.8mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.23mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す