いちごのふわふわパフケーキ

いちごのふわふわパフケーキ
128kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間

このレシピの特徴

ふわふわのケーキの中に、いちご入りクリームを入れたパフケーキのレシピです。型はご家庭でも作りやすいよう、マフィン型を使用しました。甘酸っぱいいちごと、濃厚な練乳クリームは相性ぴったりです。小ぶりなサイズになっているので、ダイエット中にも嬉しい、カロリーを抑えたケーキとなっています♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(4人分)

バター(型用) 適量
薄力粉(型用) 適量
薄力粉(生地用) 30g
バター(生地用) 10g
1個
砂糖 20g
いちご(飾り用) 2個
いちごクリーム
いちご 2個(30g)
生クリーム 大さじ2(30g)
コンデンスミルク 小さじ1/2(3g)
砂糖 小さじ2/3(2g)

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、乳、小麦)

作り方

  • 1

    【下準備】型にバターを薄く塗り、茶こしを使って薄力粉を上からかける。余分な粉は底をたたいて落とし、冷蔵庫で冷やしておく。生地用の薄力粉はふるっておく。生地用のバターは500wのレンジで30秒加熱し、溶かしバターにしておく。湯せん用のお湯(60℃くらい)をわかしておく。オーブンを170℃に予熱する。

  • 2

    ボウルに卵と砂糖を入れ、泡立て器(電動がお勧め)で溶きほぐす。ボウルを湯せんにかけながら、1分ほど泡立てる。湯せんからはずし、もったりするまで5分ほど泡立てる。※最後の1分間はきめ細かい泡を作るため、低速に速度を下げる。

  • 3

    ゴムベラに持ち替え、ふるった薄力粉を加えて底からすくい上げるように30回ほど混ぜる。溶かしバターを加え、さらに15回ほど混ぜる。

  • 4

    型に流し込み、170℃のオーブンで15分焼く。型からはずし、網にあげて冷ましておく。冷めたら側面に箸を刺してぐるぐる回し、中に空洞を作る。

  • 5

    クリーム用のいちごをみじん切りに刻む。ボウルに生クリーム、コンデンスミルク、砂糖を入れ、泡立て器で混ぜる。角がたったら刻んだいちごを加え、絞り出し袋に入れる。

  • 6

    4のケーキの穴に5の絞り出し袋を刺し、クリームを注入する。飾り用のいちごを添えれば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

型は底が5cmのマフィン型を使用しています。湯せんにかけるときは卵が固まらないよう、温度に注意してください。箸で空洞を作る時は、反対側に穴が開かないよう気を付けてください。絞り出し袋はいちごが出やすいよう、口金を付けずに使用しています。

栄養素(1人分)

エネルギー 128kcal ビタミンB2 0.06mg
たんぱく質 2.7g 葉酸 20μg
脂質 6.6g ビタミンC 9mg
炭水化物 14.1g コレステロール 56mg
カルシウム 16mg 食物繊維総量 0.4g
0.3mg 食塩相当量 0.1g
ビタミンB1 0.02mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す