レモン香る!あんこ玉

レモン香る!あんこ玉
49kcal
総エネルギー量
約60分
調理時間
約30円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

レモンの風味が爽やかなあんこ玉は、夏のお茶菓子にぴったりな1品です。生のレモンを使用するのでビタミンCも摂れ、美容にも嬉しいスイーツです。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(3人分)

レモンの皮 1/8個分(10g)
白あん 90g
1/2カップ
粉寒天 1g
レモン果汁 小さじ1

作り方

  • 1

    【レモンあんを作る】
    レモンの皮を良く洗って水気をとり、包丁で皮をむく。
    飾り用に少量を細切りにし、残りをみじん切りにする。

  • 2

    白あんは耐熱容器の底に広げるように敷き、ラップをせずに600Wで1分電子レンジで加熱し水分を飛ばす。

  • 3

    2の白あんの粗熱がとれたら、1のレモンの皮(みじん切り)を混ぜ込み、6等分にして手のひらでコロコロと丸めておく。

  • 4

    【レモン寒天液をつくる】
    耐熱ボウルに水と粉寒天を加えてよく混ぜ、ラップをかけて600Wで1分加熱する。電子レンジから取り出して良くかき混ぜ粉寒天を溶かす。

  • 5

    4の液の粗熱がとれたらレモン果汁を入れてよく混ぜる。

  • 6

    【レモンあんにレモン寒天液をコーティングする】
    3のレモンあんをスプーンに乗せ、5の中にサッとくぐらせてバットにとりだす。残りの5個も同じように行う。

  • 7

    3分ほど置き、あんこ玉の表面が固まったら、5のレモン寒天液を小さじスプーンに1杯すくってあんこ玉の真上から表面を覆うように流す。
    上に1のレモンの皮(細切り)をそっとのせ、そのまま常温で置いて固まれば出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

レモン果汁は粗熱が取れてから加えることで、熱によるビタミンCの損失を防ぎ、レモンの風味も活かせます。寒天液を2度まとわせることでしっかりと滑らかなコーティングに仕上がります。

栄養素(1人分)

エネルギー 49kcal ビタミンB2 0.01mg
たんぱく質 2.9g 葉酸 6μg
脂質 0.3g ビタミンC 4mg
炭水化物 8.9g コレステロール 0mg
カルシウム 21mg 食物繊維総量 3.0g
0.8mg 食塩相当量 0.0g
ビタミンB1 0.01mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す