もも缶とマスカルポーネチーズのミニ大福

もも缶とマスカルポーネチーズのミニ大福
170kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間

マスカルポーネチーズは、生クリームより脂肪分が少ないため、コクがあるのにカロリー控えめ!白玉粉や缶詰を使って、お家ですぐできる和洋折衷スイーツです。冷凍して、半分溶けた状態で食べるのもおすすめです。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(3人分)

白玉粉 60g
砂糖 大さじ2
65g
黄桃缶 小1缶(固形110g)
マスカルポーネチーズ 50g
かたくり粉 大さじ2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    【求肥を作る】耐熱ボウルに白玉粉、砂糖、水を入れよく混ぜる。ラップをかけて電子レンジ600Wで2分加熱する。いったん取り出し、水でぬらしたスプーンで全体をよく混ぜ、さらに600Wで30秒加熱する。かたくり粉を広げた上に取り出し、6等分にわけ、熱いうちに指で伸ばしながら、直径8cmほどにのばしておく。

  • 2

    黄桃缶は2~3cm角に切る。(大福1つに入れるのは、2~3切れ)

  • 3

    1のあら熱がとれたら、求肥1枚にマスカルポーネチーズを1/6のせ、2を2~3切れのせる。求肥の端と端を持ち上げてくっつけ、他の部分も少しずつ寄せあげて口を閉じる。

  • 4

    他の5枚の求肥も同様に包み、全体に薄くかたくり粉をまぶして、クッキングシートにのせてラップをかけ、冷蔵庫で20分ほど冷やす。

  • 5

    器にのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

求肥を薄く伸ばすときは、ゆっくり中心から外側へ指の腹を使ってのばすと、生地が破けにくく伸ばすことができます。

栄養素(1人分)

エネルギー 170kcal ビタミンB2 0.03mg
たんぱく質 2.2g 葉酸 5μg
脂質 4.9g ビタミンC 3mg
炭水化物 28.9g コレステロール 14mg
カルシウム 28mg 食物繊維総量 0.6g
0.3mg 食塩相当量 0.0g
ビタミンB1 0.01mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。