こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、小麦、えび、ごま、大豆、鶏肉)

管理栄養士からのコツ・ポイント

中華料理は油を多く使いますので、カロリーや脂質を摂りすぎてしまいますが、お野菜をたくさん使う料理が多いですので、調理法や食材を工夫するとダイエット中でもバランスの良い献立になります。お家で中華を作る場合は、炒め油を少量にしたり、油通しを茹でる・蒸す調理法に代えるととカロリーダウンしやすくなります。外食で中華料理を食べる場合は、蒸し料理やお野菜をたくさん使った物を選ぶと良いですよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 541kcal ビタミンB2 0.46mg
たんぱく質 23.1g 葉酸 230μg
脂質 15.6g ビタミンC 89mg
炭水化物 77.3g コレステロール 58mg
カルシウム 259mg 食物繊維総量 10.2g
3.1mg 食塩相当量 2.1g
ビタミンB1 0.53mg

この献立の作者

ダイエットプラス管理栄養士

ダイエットプラス管理栄養士