こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび、牛肉、大豆)

管理栄養士からのコツ・ポイント

日本人の食事に欠かせないお味噌汁や漬物は脂質を抑えられヘルシーなイメージがある一方、塩分量が多くなりがちです。漬物は塩分濃度を高くして保存食として利用されていたため、野菜だからと言って油断はできません。今回ご紹介した「野菜の浅漬け」は、野菜を切って揉みこんでおくだけで簡単にできるので、漬物がないと物寂しいという方にもぜひ試していただきたいレシピです。使用する野菜の種類や漬ける時間を変えることで、同じレシピでも味に変化がでるという嬉しい点もありますよ。 市販の漬物を利用する際は、あらかじめ小皿に取り分ける、塩分控えめタイプのものを選ぶなど気を付けましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 489kcal ビタミンB2 0.44mg
たんぱく質 25.6g 葉酸 238μg
脂質 12.7g ビタミンC 69mg
炭水化物 68.4g コレステロール 63mg
カルシウム 291mg 食物繊維総量 9.7g
6.5mg 食塩相当量 2.3g
ビタミンB1 0.47mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。