梅とひじきの炊き込みご飯

梅とひじきの炊き込みご飯
248kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間
約60円
費用目安(1人分)

全ての材料を合わせて炊き込むだけの手軽な炊き込みご飯です。大葉、ごまなど香りのよい食材を重ねて味わい深いレシピです。油揚げを加えることで、コクがでて、満足感のある仕上がりです。

矢島南弥子
管理栄養士・フードコーディネーター
矢島南弥子

材料(5人分)

2合
芽ひじき(干) 大さじ2
油揚げ 1枚
梅ぼし 1個
炒りごま 大さじ1/2
大葉 6枚
合わせ調味料A
しょう油 小さじ1/3
小さじ1/2
みりん 大さじ2
和風だしの素 小さじ1/2

作り方

  • 1

    米は洗ってザルに上げておく。油揚げは油抜きをして短冊に切る。大葉は千切りにする。芽ひじきは洗っておく。

  • 2

    炊飯器の内釜に、米、芽ひじき、合わせ調味料Aを入れ、2合炊飯時の水加減になるように水を加えて軽く混ぜる。梅ぼし、油揚げをのせて普通に炊く。梅ぼしの種をとり、炒りごまも加えてさっくり混ぜて器に盛る。大葉の千切りをのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ひじきは、カルシウムや鉄分など不足しがちなミネラルを含みます。食物繊維も豊富で血中コレステロールを軽減する働きがあります。

栄養素(1人分)

エネルギー 248kcal ビタミンB2 0.02mg
たんぱく質 4.6g 葉酸 11μg
脂質 1.6g ビタミンC 0mg
炭水化物 50.8g コレステロール 0mg
カルシウム 32mg 食物繊維総量 1.1g
0.7mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.06mg

このレシピの作者

矢島南弥子

管理栄養士・フードコーディネーター

懐石料理、西洋料理、薬膳料理、フードコーディネートを学び、フードコーディネーターとして雑誌や書籍のレシピ制作や広告撮影に携わる。また、管理栄養士として、ダイエットレストランや、ホテルフェアの監修、クリニックにて栄養指導に従事、資格を活かした実績も多い。

関連するレシピの特徴から探す