豆腐のハムカツ

豆腐のハムカツ
256kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約110円
費用目安(1人分)

豆腐をしっかり水切りして、ハムで挟んでフライにしました。厚切りハムで作らないとボリュームがでないハムカツを豆腐でカサ増し。さっぱりとしているのに、満足感のある仕上がりです。

矢島南弥子
管理栄養士・フードコーディネーター
矢島南弥子

材料(2人分)

ハム 2枚
木綿豆腐 1丁
キャベツ 1枚
貝割れ大根 1/4パック
ミニトマト 2個
少々
こしょう 少々
揚げ油 適量
中濃ソース 小さじ1弱
合わせ調味料A
小麦粉 適量
溶き卵 適量
パン粉 適量

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、小麦)

作り方

  • 1

    豆腐は半分の重さになるまで水切りして、厚さを半分に切って塩こしょう少々をふる。ハムは半分に切って豆腐を挟む。合わせ調味料Aを順番に絡めて衣をつける。キャベツは千切りにする。貝割れ大根は2cm長さに切ってキャベツと合わせる。ミニトマトは半分に切る。

  • 2

    フライパンで揚げ焼きして油をきる。器に盛り、キャベツの千切り、貝割れ大根、ミニトマトを添えて、中濃ソースをかける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ポイントは、豆腐をしっかりと水切りすること。水っぽさを残さず、ぎゅっと濃縮された豆腐が、ハムと美味しくなじみます。

栄養素(1人分)

エネルギー 256kcal ビタミンB2 0.15mg
たんぱく質 16.0g 葉酸 81μg
脂質 15.3g ビタミンC 39mg
炭水化物 13.2g コレステロール 38mg
カルシウム 179mg 食物繊維総量 3.3g
2.9mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.28mg

このレシピの作者

矢島南弥子

管理栄養士・フードコーディネーター

懐石料理、西洋料理、薬膳料理、フードコーディネートを学び、フードコーディネーターとして雑誌や書籍のレシピ制作や広告撮影に携わる。また、管理栄養士として、ダイエットレストランや、ホテルフェアの監修、クリニックにて栄養指導に従事、資格を活かした実績も多い。