ほうれん草と干しエビのお浸し

ほうれん草と干しエビのお浸し
51kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約250円
費用目安(1人分)

干しエビは非常に多くのベタインという成分を含んでいます。ベタインとはアミノ酸の一種で胆汁の生成を促進し、血圧の低下や脂質の分解、コレステロールの減少に効果的だと言われています。

前田 恵一
管理栄養士
前田 恵一

材料(1人分)

ほうれん草 2株
ぶなしめじ 30g
干しエビ 3g
合わせ調味料A
めんつゆ 大さじ1と1/2
みりん 小さじ1
大さじ2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    ほうれん草としめじを熱湯で1分ほど茹でて、ほうれん草は冷水にさらして3cmほどにカットする。

  • 2

    タッパーに合わせ調味料Aと小松菜、しめじを入れて1時間ほど冷蔵庫で寝かせる。

  • 3

    干しエビを和えて器に盛り付けて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

干しエビやほうれん草にはカルシウムも豊富に含まれています。

栄養素(1人分)

エネルギー 51kcal ビタミンB2 0.18mg
たんぱく質 4.6g 葉酸 144μg
脂質 0.5g ビタミンC 21mg
炭水化物 7.8g コレステロール 21mg
カルシウム 91mg 食物繊維総量 2.6g
1.5mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.12mg

このレシピの作者

前田 恵一

管理栄養士

管理栄養士取得後、食品製造企業での商品開発業を経験。現在は特定保健指導やダイエット専用アプリのアドバイザー、健康レシピの作成などに従事。料理を作ることに抵抗がある方や、一人暮らしの男性にも気軽に取り組みやすいレシピを提供し、食事を通して皆様に料理を作る楽しさを感じてもらいながら健康な体づくりのサポートをしていきます。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。