ミニトマトと小松菜の中華風ゴマ和え

ミニトマトと小松菜の中華風ゴマ和え
80kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約200円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

お肉をあまり食べないスタイルのダイエットを行っていると、身体に十分な量のカルシウムが行き渡らず、将来的に骨粗鬆症や、神経と筋肉の伝達がうまくいかずストレスにつながってしまう場合があります。小松菜には非常に多くのカルシウムが含まれているため、しっかりと摂取すると効果的です。

前田 恵一
管理栄養士
前田 恵一

材料(1人分)

ミニトマト 5個
小松菜 2株
ごま油 小さじ1
減塩しょうゆ 小さじ1/2
顆粒中華だし 小さじ1/2
乾燥きくらげ 3g

作り方

  • 1

    乾燥きくらげを水で戻し、食べやすい大きさに切る。

  • 2

    ミニトマトは1/2等分、小松菜は3cmの食べやすい大きさに切る。

  • 3

    フライパンにごま油をひき、小松菜の茎の部分を1分ほど炒める。

  • 4

    きくらげ、小松菜の葉の部分を入れ余分な水分が軽く飛ぶくらいまで炒める。

  • 5

    しょうゆと中華だしを加え、全体になじんだらトマトと一緒に器に盛り付けて完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

小松菜は食感を楽しんだり満腹感を得られるように、あまり加熱しすぎないようにしましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 80kcal ビタミンB2 0.19mg
たんぱく質 2.8g 葉酸 131μg
脂質 4.3g ビタミンC 59mg
炭水化物 10.3g コレステロール 0mg
カルシウム 173mg 食物繊維総量 4.5g
3.9mg 食塩相当量 0.7g
ビタミンB1 0.14mg

このレシピの作者

前田 恵一

管理栄養士

管理栄養士取得後、食品製造企業での商品開発業を経験。現在は特定保健指導やダイエット専用アプリのアドバイザー、健康レシピの作成などに従事。料理を作ることに抵抗がある方や、一人暮らしの男性にも気軽に取り組みやすいレシピを提供し、食事を通して皆様に料理を作る楽しさを感じてもらいながら健康な体づくりのサポートをしていきます。

関連するレシピの特徴から探す