しっとりやわらか!鶏むね肉のチャーシュー

しっとりやわらか!鶏むね肉のチャーシュー
114kcal
総エネルギー量
約120分
調理時間
約70円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

脂質の多い豚ロース肉の代わりに、低脂質、高たんぱくな鶏むね肉を使ったチャーシューのレシピです。直接茹でずにポリ袋に入れて低温でゆっくり加熱し、調味液に漬けこむことで、パサつきがなくしっとりとした食感になるよう仕上げました。調味液も覚えやすい分量となっています♪お弁当のおかずや作り置きにもぴったりですよ!

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(4人分)

鶏むね肉(皮なし) 260g
青ねぎ 少々
調味液
しょうゆ 大さじ1・1/3
砂糖 大さじ1・1/3
みりん 大さじ1・1/3
大さじ1・1/3
白ねぎ(葉の部分) 1本
しょうが 1片

作り方

  • 1

    厚みのある鍋にたっぷりのお湯を沸かしておく。しょうがは薄切りにし、調味液の材料を混ぜ合わせる。

  • 2

    鶏肉は皮を取り除き、観音開きにし、フォークで数か所刺して味がしみ込みやすいよう穴を開けておく。手前からくるくると巻き、タコ糸でしばる。耐熱のポリ袋に鶏肉と調味液を入れ、できるだけ空気を抜いた状態で袋の口をしばっておく。

  • 3

    2を沸騰したお湯に入れ、蓋をして弱火で15分加熱する。火を止めた後、蓋をしたまま30分放置し、余熱で火を通す。

  • 4

    3を取り出し、粗熱をとる。冷めたら鶏肉を1~2㎝の厚みに切り分ける。調味液を鍋に入れて火にかけ、全体量の半分になるほど煮詰める。切り分けた鶏肉をポリ袋に入れ、煮詰めた調味液を注いで浸し、2時間以上漬けておく。

  • 5

    器に盛り付け、ネギと漬け込んだタレをかければ完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

保温性の高い厚みのある鍋を使用してください。ない場合は、火を止めた後にバスタオルで鍋ごとくるむと保温性が高まり、余熱で火を通すことができます。

栄養素(1人分)

エネルギー 114kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 15.8g 葉酸 17μg
脂質 1.3g ビタミンC 4mg
炭水化物 7.0g コレステロール 47mg
カルシウム 9mg 食物繊維総量 0.2g
0.3mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.07mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す