北海道風お雑煮

北海道風お雑煮
346kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約170円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

焼かないおもちを入れた、醤油ベースの甘めの汁が特徴的な北海道のお雑煮です。おもちは加熱の加減によって弾力を保つことが出来るので、食感を楽しみたい場合は、おもちに火が通ったらすぐに火を止めましょう。

金子 育美
管理栄養士
金子 育美

材料(1人分)

鶏むね肉(皮なし) 40g
にんじん 輪切り1枚
しいたけ 1本
かまぼこ(赤) 2切れ
250ml
しょうゆ 小さじ1/2
砂糖 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/3
もち 2個
三つ葉 適量

作り方

  • 1

    鶏むね肉はそぎ切りにする。輪切りのにんじんは梅の花型で抜き、切り込みを入れ、その切り込みに沿うように斜めに削ぎ、梅花にんじんにする。

  • 2

    しいたけは石づきを切り落とし、6枚の花びらの花になるよう切り込みを入れる。かまぼこは5mm厚に切る。

  • 3

    鍋に水、しょうゆ、砂糖、鶏ガラスープの素を入れ、鶏むね肉を入れて中火にかける。

  • 4

    肉に火が通ったらにんじん、しいたけを入れ、あくをすくいながらにんじんが柔らかくなるまで煮る。

  • 5

    4にもちとかまぼこを入れ、弱火で加熱する。もちに火が通ったら火を止め、お椀に盛り付け、三つ葉を飾る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

おもちが完全に煮溶けてしまわないように注意しましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 346kcal ビタミンB2 0.11mg
たんぱく質 16.8g 葉酸 24μg
脂質 1.6g ビタミンC 2mg
炭水化物 64.5g コレステロール 32mg
カルシウム 14mg 食物繊維総量 1.8g
0.4mg 食塩相当量 1.5g
ビタミンB1 0.1mg

このレシピの作者

金子 育美

管理栄養士

管理栄養士免許取得後、老人ホームや病院等の調理・献立作成等に従事。その後はエステティシャンとして美容を学び、女性向けの健康教室を開催した経験があります。現在は、マタニティ栄養食・離乳食の指導、特定保健指導等を行っております。様々な体質や病状やライフステージ、生活リズムに適応した幅広い知識が強みです。趣味はお菓子作りで、日々食べても太りづらく、なおかつ健康に良くおいしいお菓子作りの研究をしています。

関連するレシピの特徴から探す