生揚げの豚そぼろがけにんにく味噌風味

生揚げの豚そぼろがけにんにく味噌風味
247kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約100円
費用目安(1人分)

骨粗鬆症の予防には骨を形成するカルシウムだけでなく、骨の質を高めるたんぱく質も必要です。生揚げはカルシウムやたんぱく質を豊富に含み、食べ応えもあるので、料理にボリュームをプラスしてくれる食材です。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(2人分)

生揚げ 大1枚(200g)
糸とうがらし ひとつまみ
にんにくみそ風味の豚そぼろ
豚ひき肉 45g
たまねぎ 1/6個
ごま油 小さじ1
合わせ調味料
おろしにんにく 小さじ1/2
みそ 小さじ2
砂糖 小さじ1/2
酒(清酒) 小さじ1

作り方

  • 1

    たまねぎは5mm角ほどのみじん切りにする。合わせ調味料を混ぜ合わせておく。

  • 2

    【豚そぼろを作る】フライパンにごま油を中火で熱し、たまねぎを炒め透き通ってきたら豚ひき肉を加え炒める。肉の色が変わったら合わせ調味料を加え混ぜる。中火で2分ほど炒め混ぜ、汁気をとばす。

  • 3

    生揚げは食べやすいように四等分に切り、アルミホイルにのせ、トースターで表面に焼き色がつくまで焼く。

  • 4

    3を器に乗せ、2の豚そぼろをかける。糸とうがらしをのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豚そぼろにたまねぎを加えることで、ひき肉のカサ増しになり、主菜の存在感がアップします。

栄養素(1人分)

エネルギー 247kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 15.7g 葉酸 30μg
脂質 17.6g ビタミンC 1mg
炭水化物 5.0g コレステロール 17mg
カルシウム 251mg 食物繊維総量 1.2g
3.1mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.24mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。フリーの管理栄養士。病院栄養士を経て、特定保健指導や料理教室講師、企業向けの講演講師などに従事。現在はレシピ開発や献立作成業務をメインに活動中。手軽に出来る食事作りのヒントを発信していきます。

関連するレシピの特徴から探す