更年期対策にも!いわし缶のお手軽丼

更年期対策にも!いわし缶のお手軽丼
352kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間

缶詰の味を利用したお手軽丼です。カルシウムがたっぷり含まれたいわしに、ミネラル豊富なのり、緑黄色野菜のねぎを加えて栄養面も意識したメニューです。

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(1人分)

のり 半切り1枚
こねぎ 5cm
いわしの缶詰(味付け) 60g
白ごま 大さじ1
ご飯 軽く1膳(110g)

作り方

  • 1

    のりは手で小さくちぎる。
    こねぎは小口切りにする。

  • 2

    いわしは缶から取り出して水気を切り、ボウルに入れる。1ののりとねぎ、白ごまを加えてざっくり和える。

  • 3

    器にご飯をよそい、2を上から盛り付けたら出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

材料を切って盛り付けるだけ。火も使いません。時短&お手軽料理です。

栄養素(1人分)

エネルギー 352kcal ビタミンB2 0.25mg
たんぱく質 16.9g 葉酸 40μg
脂質 10.8g ビタミンC 5mg
炭水化物 46.2g コレステロール 51mg
カルシウム 304mg 食物繊維総量 3.0g
2.3mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.09mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す