ラー油でピリ辛!レンチンなすの中華和え

ラー油でピリ辛!レンチンなすの中華和え
93kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約80円
費用目安(1人分)

なすにごま油をからめてからレンチン加熱!さくらえびのうま味と香りも加わり、手軽に中華風の副菜が完成します。なすに豊富に含まれるカリウムは、血圧の上昇を防ぐ作用があり高血圧の予防につながります。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(2人分)

なす 3本(240g)
こねぎ 1本
ごま油 大さじ1
さくらえび(素干し) 大さじ2
ラー油 3~4滴
合わせ調味料
しょうゆ 小さじ2
砂糖 小さじ1/3

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    なすはヘタを切り落とし、しま模様になるようにピーラーで皮を半分むく。縦4等分に切り、1cm厚さのいちょう切りにする。

  • 2

    こねぎは小口切りにする。

  • 3

    耐熱ボウルで1とごま油を混ぜ合わせ、ラップをかけて電子レンジ600Wで2分加熱する。いったん取り出しよく混ぜ合わせ、さらに2分加熱する。

  • 4

    3に、合わせ調味料とさくらえびを加えて混ぜ、そのまま5分ほどラップをかけて蒸らし、味をなじませる。

  • 5

    4にラー油を混ぜ合わせ、器に盛る。2のこねぎをのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

なすを電子レンジで加熱する場合、皮が固く感じることがあります。そのため、今回は皮を適度にピーラーでむき、食べやすく仕上げました。

栄養素(1人分)

エネルギー 93kcal ビタミンB2 0.07mg
たんぱく質 3.0g 葉酸 43μg
脂質 6.3g ビタミンC 5mg
炭水化物 6.5g コレステロール 15mg
カルシウム 63mg 食物繊維総量 2.4g
0.5mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.06mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。

関連するレシピの特徴から探す