台湾風おぼろ豆腐のスープ

台湾風おぼろ豆腐のスープ
304kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約100円
費用目安(1人分)

豆乳をお酢の力でゆるく固めた温かいスープです。本場台湾では鹹豆漿(シェントウジャン)と呼ばれ、油条という揚げパンを添えて食べますが、油の少ないフランスパンを添えることで大幅にカロリーオフができます。大豆のたんぱく質がしっかり摂れるので朝ご飯にぴったりのメニューです。

藤井 佑里子
管理栄養士/フードコーディネーター
藤井 佑里子

材料(1人分)

ザーサイ漬物(みじん切り) 小さじ1(約3g)
小さじ2
しょうゆ 小さじ1/2
豆乳(無調整) 200ml
ごま油 数滴
いりごま ひとつまみ
こねぎ(小口切り) 大さじ1
フランスパン 3切れ(約70g)

こんな人は要注意!

  • アレルギー (小麦)

作り方

  • 1

    器にザーサイ、酢、しょうゆを入れる。小鍋で豆乳を沸騰直前まで温めて器に注ぐ。

  • 2

    1にごま油を少量たらし、いりごまとこねぎを散らす。

  • 3

    カットしたフランスパンを添える。

管理栄養士からのコツ・ポイント

パクチーや干しエビを加えても美味しく食べられます。花巻などのシンプルな蒸しパンも良く合います。

栄養素(1人分)

エネルギー 304kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 14.6g 葉酸 86μg
脂質 5.8g ビタミンC 1mg
炭水化物 47.5g コレステロール 0mg
カルシウム 54mg 食物繊維総量 2.5g
3.3mg 食塩相当量 2.0g
ビタミンB1 0.13mg

このレシピの作者

藤井 佑里子

管理栄養士/フードコーディネーター

大手食品メーカーにて長年レシピ開発や外食・給食産業へのメニュー提案、食育講師を経験。
現在は、特定保健指導、メニュー開発、記事の監修、セミナー講師等を務める。
美容師国家資格も取得しており、女性向けの美容と健康をつなげた提案も得意とする。

関連するレシピの特徴から探す