鶏しそつくねの和風ライスバーガー

鶏しそつくねの和風ライスバーガー
384kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約280円
費用目安(1人分)

ジューシーな肉汁があふれる鶏ひき肉のパテ!バンズに見立てた発芽玄米ご飯でたっぷりの具材を挟みます。ほうれん草とにんじんのナムルもたっぷり入れ、満足感のある1品。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

発芽玄米ご飯 やや少なめ1膳(140g)
鶏ひき肉 60g
少々
酒(清酒) 小さじ1
おろししょうが(チューブタイプ) 1cm
しそ 2枚
ほうれん草とにんじんのナムル
ほうれん草 2株
にんじん スライス2~3枚(10g)
ごま油 小さじ1/2
少々
白ごま 小さじ1/4

作り方

  • 1

    【ほうれん草とにんじんのナムル】
    小鍋にお湯を沸かし、ほうれん草を2分ほど茹でザルにあげ流水で冷やす。2cm幅に切り、水気をしっかりと切る。皮をむいたにんじんは薄く切り、千切りにする。ボウルににんじん、ほうれん草、ごま油、塩、白ごまを加え混ぜ合わせる。

  • 2

    発芽玄米ご飯を二等分に分け、直径7cmの円形に成形する。米粒がばらけないようにやや強く握り固める。(浅いコップがあればラップを敷いてご飯を入れ、押し付けて成形しても良い)

  • 3

    2をアルミホイルにのせ、トースターで表面に薄く焼き色がつくまで焼く。

  • 4

    ボウルに鶏ひき肉、塩、酒、おろししょうが(チューブタイプ)を入れ、粘りがでるまでしっかりと混ぜる。手に水をつけ、直径7cmほどの円形にまとめる。テフロン加工のフライパンに置き、弱めの中火で両面焼き色がつくまでじっくりと焼く。

  • 5

    4で出た鶏の肉汁は3のご飯の内側にかける。

  • 6

    器に3の発芽玄米ご飯をひとつ置き、軸をとったしそ2枚をのせる。1のナムルを盛り、4の鶏つくねをのせ、もうひとつのご飯をのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

発芽玄米ごはんは、通常より1割ほど水を多めにするとまとまりやすいです。

栄養素(1人分)

エネルギー 384kcal ビタミンB2 0.2mg
たんぱく質 15.8g 葉酸 95μg
脂質 11.6g ビタミンC 15mg
炭水化物 51.5g コレステロール 48mg
カルシウム 43mg 食物繊維総量 3.9g
1.9mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.29mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。

関連するレシピの特徴から探す