いわしの漬け丼

いわしの漬け丼
392kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間

いわしには血液をサラサラにする脂肪酸「DHA」や「EPA」が含まれますが独特の臭みがあります。たれに漬け込んで香味野菜を添えることで、臭みが消えて美味しく食べられます。また、貧血対策に摂っておきたいビタミンB12の他、鉄分やたんぱく質が含まれます。

藤井 佑里子
管理栄養士/フードコーディネーター
藤井 佑里子

材料(1人分)

いわし刺身 60g
しょうが 1/2片
ごはん 150g
大葉 2枚
いりごま ひとつまみ
漬けだれ
醤油 小さじ2
みりん 小さじ2
しょうが汁 小さじ1

作り方

  • 1

    漬けだれの材料を混ぜ合わせておく。いわしの刺身をひと口大に切り、たれに20~30分漬けこむ。しょうがはせん切りにする。

  • 2

    丼にごはんをよそい、大葉をのせる。上に1のいわしを並べ、残りのたれも
    かける。

  • 3

    せん切りのしょうがをのせ、いりごまを散らして出来上がり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

薬味には茗荷や小葱、刻みのりなどもおすすめです

栄養素(1人分)

エネルギー 392kcal ビタミンB2 0.28mg
たんぱく質 16.4g 葉酸 18μg
脂質 6.2g ビタミンC 1mg
炭水化物 61.7g コレステロール 40mg
カルシウム 61mg 食物繊維総量 2.6g
1.7mg 食塩相当量 1.9g
ビタミンB1 0.06mg

このレシピの作者

藤井 佑里子

管理栄養士/フードコーディネーター

大手食品メーカーにて長年レシピ開発や外食・給食産業へのメニュー提案、食育講師を経験。
現在は、特定保健指導、メニュー開発、記事の監修、セミナー講師等を務める。
美容師国家資格も取得しており、女性向けの美容と健康をつなげた提案も得意とする。

関連するレシピの特徴から探す