こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、小麦、えび、ごま、大豆、鶏肉)

管理栄養士からのコツ・ポイント

お酒は血圧にも影響を与えますが、一つの要因としてはおつまみに塩分量は多いことも挙げられます。飲酒で傷ついた内臓の修復にも有効なたんぱく質源である枝豆、豆腐などの豆製品、食物繊維が豊富で低カロリーな海藻サラダ、もずく酢、わかめの酢の物など海藻類、余分な塩分を含め老廃物を排出してくれるカリウム豊富な野菜などもおつまみの選択肢に入れて、お酒は適量を守って楽しみましょう♪

栄養素(1人分)

エネルギー 505kcal ビタミンB2 0.55mg
たんぱく質 24.5g 葉酸 183μg
脂質 13.8g ビタミンC 55mg
炭水化物 71.1g コレステロール 134mg
カルシウム 255mg 食物繊維総量 7.6g
4.7mg 食塩相当量 2.5g
ビタミンB1 0.66mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。