こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、やまいも、豚肉)

管理栄養士からのコツ・ポイント

和食の定番の煮物は素材に火が通ったら火からおろして、そのまま冷ますことで味を染み込ませやすくなり、薄味でもしっかりと味がついているように感じやすくなります。絹さやなど、加熱すると色が変わってしまいやすい食材は、別に茹でて粗熱が取れた煮汁に浸すと色味も保つことができますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 500kcal ビタミンB2 0.36mg
たんぱく質 23.6g 葉酸 156μg
脂質 14.3g ビタミンC 34mg
炭水化物 68.8g コレステロール 42mg
カルシウム 185mg 食物繊維総量 7.0g
2.0mg 食塩相当量 2.0g
ビタミンB1 0.66mg

この献立の作者

堀江 久美子

管理栄養士
堀江 久美子

保育園や小学校に勤務し、給食管理や食育指導に携わる。現在は子育てをしながらダイエットプラスにてダイエットプラスアプリトレーナーとして活動中。食事の改善を試みている方だけではなく、子供から大人までおいしく食を楽しみ、心も身体も健康な生活を送ることができるような献立をご提案します。