ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き
235kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約260円
費用目安(1人分)

ぶりはサンマやサバ以上にDHAやEPAを多く含みます。DHAやEPAはコレステロールの抑制に働きますし、加えて糖質の代謝に必要なビタミンB群を多く含んでいる事もぶりの大きな特徴です。低カロリーでも大満足できるメニューに仕上げました。大根おろしとレモンでさっぱり召し上がってください。

ダイエットプラス
「正しく食べる」をあたり前の毎日に
ダイエットプラス

材料(1人分)

ぶり1切 1切れ
しょうゆ 小さじ1
みりん 小さじ1
大根 0.7cm(30g)
レモン くし切り1/8個分

作り方

  • 1

    ブリはしょうゆとみりんに10分程漬け込みます。
    グリルを熱し、ブリを両面焦がさないように焼きます。

  • 2

    1で使った漬けだれは500wの電子レンジで30秒加熱し、タレにします。

  • 3

    焼きあがったブリを平皿にのせて2のタレをかけ、大根おろしとレモンを添えます。

管理栄養士からのコツ・ポイント

照り焼きは非常に焦げやすいので、グリルで焼くときは途中で焼き具合をチェックするようにしましょう。ブリの生臭みが気になる時は、漬けだれに小さじ1程度の酒を混ぜると臭みが緩和されます。

栄養素(1人分)

エネルギー 235kcal ビタミンB2 0.31mg
たんぱく質 17.8g 葉酸 21μg
脂質 14.2g ビタミンC 15mg
炭水化物 6.5g コレステロール 58mg
カルシウム 20mg 食物繊維総量 0.9g
1.2mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.2mg

このレシピの作者

ダイエットプラス

「正しく食べる」をあたり前の毎日に

「正しく食べてやせる」ダイエットを実践できる、様々なダイエットサポートサービスを提供。やせない理由がわかる「ダイエット診断」ほか、管理栄養士考案のレシピやコラムをダイエットプラスサイトにて配信中。

ダイエットプラスラボ(銀座)やダイエットプラスコールでは、食事改善をメインとした、管理栄養士によるダイエットサポートサービスを提供しています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。