豚タンと玉葱のカレー炒め

豚タンと玉葱のカレー炒め
236kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約230円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

タンは、牛より豚の方が脂質が少なく、なんと約半分。カロリーは100gあたり、牛タン214kcalに対して、豚タンはなんと133kcal。メインとしては珍しい食材かもしれませんが、たんぱく質もしっかり摂れて歯ごたえも良く、他の食材と一緒にスパイシーに味付けすれば満足感のある立派な主菜になります。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

豚タン 薄切り10枚(70g)
少々(0.1g)
こしょう 少々
玉葱 1/4個
舞茸 1/4パック
にんにく 1/2個
小さじ1
小葱 1本
合わせ調味料A
カレー粉 小さじ1/2
中濃ソース 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
小さじ1/2

作り方

  • 1

    豚タンの表面に塩こしょうを少々振る。玉葱はくし形に切り、舞茸はほぐしておく。

  • 2

    油とスライスしたにんにくをフライパンに熱し、豚タンを入れ、両面の焼き色が変わったら、玉葱と舞茸を入れ、中火で1~2分炒める。

  • 3

    合わせ調味料Aを入れ、30秒ほど強火でざっと炒め、皿に盛る。小口切りにした小葱をのせる。

管理栄養士からのコツ・ポイント

豚タンは薄切りの状態で売られていることが多く、価格も牛より安いので普段使いするメイン食材としてもおすすめです。

栄養素(1人分)

エネルギー 236kcal ビタミンB2 0.37mg
たんぱく質 12.8g 葉酸 34μg
脂質 15.8g ビタミンC 9mg
炭水化物 9.6g コレステロール 78mg
カルシウム 32mg 食物繊維総量 2.4g
2.3mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.31mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院栄養士を経て現在フリーの管理栄養士として、特定保健指導、料理教室講師、子ども料理番組のレシピ作成などに従事。仮面ライダー鎧武DVD(第十巻)特典映像にて調理講師として出演。日本酒が好きなことから、「低エネルギー・低塩の“美味しく飲める”酒の肴」を日々研究中。

関連するレシピの特徴から探す