四川風麻婆豆腐

四川風麻婆豆腐
206kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約160円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

仕上げに花椒を使うことで、ピリッとした辛さが癖になる本格四川料理の味をご家庭でも楽しめるように仕上げました。豆腐はあえて固さのある木綿豆腐を使い、たけのこ、しいたけなど食感を楽しめる具も入っているので、主菜として食べ応えのある麻婆豆腐になっていますよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(2人分)

木綿豆腐 200g
豚ひき肉 60g
白ネギ 1/4本分(40g)
干し椎茸 1枚
たけのこ 40g
しょうが 1/2片
にんにく 1片
唐辛子 1個
ラー油 2~3滴
花椒 少々
ごま油 小さじ1
合わせ調味料A
オイスターソース 小さじ1
甜面醤 小さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
顆粒中華だし 小さじ1/4
椎茸の戻し汁 120㏄
合わせ調味料B
片栗粉 小さじ1
小さじ2

作り方

  • 1

    干し椎茸はお湯に漬け、戻しておく。(※戻し汁は後で使うのでとっておく)
    豆腐はキッチンペーパーでくるみ、耐熱容器にのせて電子レンジで1分半ほど加熱し、水切りしておく。合わせ調味料は容器に入れて混ぜておく。

  • 2

    戻した椎茸、たけのこ、白ネギは粗目のみじん切りにする。白ネギの一部は白髪ねぎにして取り分けておく。
    にんにく、しょうがは細かめのみじん切りにする。
    唐辛子は種を取り除いて輪切りにする。
    豆腐は2cmほどのサイコロ状に切る。

  • 3

    フライパンにごま油、唐辛子、にんにく、しょうが、白ネギを入れて熱し、香りが出てきたらひき肉、たけのこ、椎茸を加える。ひき肉の色が変わったら合わせ調味料Aを入れ、豆腐を入れて軽く煮込む。

  • 4

    合わせ調味料Bを入れてとろみを付け、仕上げに花椒、ラー油を入れて味を整える。器に盛り付け、白髪ねぎを飾れば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

木綿豆腐は水切りをしっかりておくことで、味がしみ込みやすくなります。辛みを減らしたい場合は、唐辛子、ラー油、花椒をひかえて調整してください。

栄養素(1人分)

エネルギー 206kcal ビタミンB2 0.18mg
たんぱく質 14.2g 葉酸 49μg
脂質 12.4g ビタミンC 5mg
炭水化物 10.0g コレステロール 23mg
カルシウム 104mg 食物繊維総量 3.1g
1.6mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.32mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す