豚とチンゲン菜の海老醤油炒め

豚とチンゲン菜の海老醤油炒め
249kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間

少量でカルシウムが補える干し海老と、ビタミンKを含み入手しやすいチンゲン菜を合わせた、パパっとできる楽早炒め物です。調味液に細かく刻んだ干し海老をつけておくことで、噛んだ瞬間旨味と海老の香りがじゅわっと広がり満足感の高い1品に仕上げました。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

豚肩ロース 薄切り4~5枚 (70g)
こしょう 少々
チンゲン菜 大1/2株 (95g)
人参 1/10本 (20g)
ごま油 小さじ1 (4g)
生姜 1/2かけ (2g)
白ごま 小さじ1/3 (1g)
合わせ調味料
干しえび 小さじ1 (2g)
しょうゆ 小さじ2/3 (4g)
小さじ1/2 (2.5g)
オイスターソース 小さじ1/4 (1.5g)

こんな人は要注意!

  • アレルギー (えび)

作り方

  • 1

    豚肉にはこしょうを振っておく。チンゲン菜は茎と葉に分け、茎は斜めそぎ切り、葉はざく切りにしておく。人参は千切り、生姜はみじん切り、合わせ調味料の干しえびは細かく刻み、他の調味料と合わせておく。

  • 2

    フライパンにごま油を中火で熱し、生姜と豚肉を入れて炒め、肉に8割ほど火が通ったら、人参とチンゲン菜の茎を入れしんなりするまで炒める。

  • 3

    チンゲン菜の葉と合わせ調味料を入れ、ざっと炒め混ぜる。皿に盛り白ごまを振る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ピリ辛がお好きな方は、粉唐辛子を炒める途中に入れても♪

栄養素(1人分)

エネルギー 249kcal ビタミンB2 0.25mg
たんぱく質 14.3g 葉酸 72μg
脂質 18.2g ビタミンC 25mg
炭水化物 5.0g コレステロール 59mg
カルシウム 259mg 食物繊維総量 1.9g
2.0mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.49mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院栄養士を経て現在フリーの管理栄養士として、特定保健指導、料理教室講師、子ども料理番組のレシピ作成などに従事。仮面ライダー鎧武DVD(第十巻)特典映像にて調理講師として出演。日本酒が好きなことから、「低エネルギー・低塩の“美味しく飲める”酒の肴」を日々研究中。

関連するレシピの特徴から探す