もやしとあさりの青のり和え

もやしとあさりの青のり和え
36kcal
総エネルギー量
約10分
調理時間
約50円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

からし醤油と、青のりの磯の香りがマッチ! あさりのむき身缶は、鉄やビタミンB12が豊富に含まれ、たっぷりもやしと茹でて和えるだけで、貧血予防につながる1品です。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

あさり水煮缶(身のみ) 大さじ1 (10g)
もやし 1/2袋 (80g)
人参 1/10本分 (20g)
青のり 適量 (0.5g)
醤油 小さじ2/3 (4g)
練り辛子 少々 (0.4g)

作り方

  • 1

    人参は千切りにする。小鍋にお湯を沸かし、もやしと人参を入れ1分程度さっと茹でる。ザルにあげ、流水で冷やし水気をしっかりふきとる。

  • 2

    ボウルに青のり、しょうゆ、練りからしを入れ混ぜ合わせ①とあさりの身を入れ混ぜ合わせ器に盛る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

食べる直前に調味料を和えることで、味がぼやけません。

栄養素(1人分)

エネルギー 36kcal ビタミンB2 0.08mg
たんぱく質 4.0g 葉酸 41μg
脂質 0.4g ビタミンC 8mg
炭水化物 4.8g コレステロール 9mg
カルシウム 30mg 食物繊維総量 1.8g
3.6mg 食塩相当量 0.8g
ビタミンB1 0.05mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。

関連するレシピの特徴から探す
レシピ組み合わせ

単品で食べるよりも複数のレシピを組み合わせることで食事のバランスも良くなります。

管理栄養士がおすすめするレシピ組み合わせを紹介します。