ココアビスケットを使ったチーズケーキ

ココアビスケットを使ったチーズケーキ
180kcal
総エネルギー量
約120分
調理時間

クリームチーズと水切ヨーグルトを混ぜているので、通常のチーズケーキよりもカロリーを抑えたものとなっています。黒いココアビスケットと、白いチーズの色のコントラストにより、きれいな断面になるよう仕上げました。ほろ苦いビスケットと、少し酸味のある爽やかなチーズは味の相性も抜群ですよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(6人分)

クリームチーズ 100g
水切りヨーグルト 150g
砂糖 50g
1個
薄力粉 15g
生クリーム 30g
ココアビスケット 30g

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵、乳、小麦)

作り方

  • 1

    【下準備】
    ヨーグルトは一晩コーヒーフィルターなどで水気をきり、水切りヨーグルトにしておく。
    15㎝の丸型(底がはずれないもの)に型紙を敷く。
    クリームチーズは冷蔵庫から出し、柔らかくしておく。小麦粉はふるっておく。
    オーブンを160℃に予熱する。湯せん用の湯をわかしておく。

  • 2

    ボウルにクリームチーズ、水切りヨーグルト、砂糖を入れ、泡だて器でよく混ぜる。卵、薄力粉、生クリームを順に加えながら生地を混ぜる。ポリ袋にビスケットを入れ、粗目に砕く。ビスケットの半分を生地に混ぜ込み、残りは飾り用にとっておく。

  • 3

    2の生地を型に流し込み、お湯をはった一回り大きめのバットにのせ、160℃のオーブンで40分間蒸し焼きにする。
    焼きあがったら飾り用にとっておいたビスケットを細かく砕き、上から振りかける。(すき間がないように飾ると綺麗)

  • 4

    粗熱が取れたら冷蔵庫に入れ、しっかり冷やせば完成。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ビスケットは中に混ぜ込むものは大きめに砕き、上からかける分は細かめに砕くと見た目が綺麗に仕上がります。ケーキは半日ほど冷蔵庫で寝かせると、味がなじんでおいしくなります。ケーキをカットする時は、温めた包丁で切り分けると生地が包丁に付かないので断面が綺麗になりますよ。

栄養素(1人分)

エネルギー 180kcal ビタミンB2 0.09mg
たんぱく質 5.5g 葉酸 6μg
脂質 10.1g ビタミンC 0mg
炭水化物 16.2g コレステロール 57mg
カルシウム 61mg 食物繊維総量 0.2g
0.2mg 食塩相当量 0.2g
ビタミンB1 0.02mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。