ぷるりん!珈琲ゼリー

ぷるりん!珈琲ゼリー
85kcal
総エネルギー量
約90分
調理時間
約50円
費用目安(1人分)

このレシピの特徴

苦みと甘みが美味しい珈琲ゼリー。寒天が主原料のアガーを使い低カロリーに仕上げましょう!高脂質のコーヒーフレッシュでなく練乳+牛乳の「練乳ミルク」にすることでよりカロリーを抑えられます。肥満・脂質異常症・高尿酸血症の方にも。食欲は満たしてもカロリーは減らします! 

原 由紀
管理栄養士
原 由紀

材料(2人分)

レギュラーソリュブルコーヒー 小さじ2
砂糖 大さじ2
アガー 8g
1.5カップ
牛乳 大さじ1
練乳 大さじ1

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳)

作り方

  • 1

    砂糖とアガーを合わせて混ぜておく。
    練乳と牛乳を混ぜ合わせて「練乳ミルク」を作っておく。

  • 2

    鍋に水と①の砂糖+アガーを少しずつふり入れ、だまにならないようにかき混ぜる。

  • 3

    火にかけ、沸騰したら1分ほどかき混ぜて火をとめる。温かいうちにレギュラーソルブルコーヒーを加えてよく混ぜる。

  • 4

    器に流し入れ、冷やし固める。常温でも。お好みで冷蔵庫で冷やしても。

  • 5

    固まったら上に①の練乳ミルクをかける。

管理栄養士からのコツ・ポイント

ゼリーを固めるために使うゼラチンはなめらかな口当たりだが高カロリー。寒天はカロリーがほぼゼロでも口当たりはサクサク。そこで、寒天由来のアガーを使えば、口当たりのなめらかさとカロリーの低さを同時に実現し、良いとこ取りのゼリーに仕上がります。

栄養素(1人分)

エネルギー 85kcal ビタミンB2 0.05mg
たんぱく質 1.3g 葉酸 1μg
脂質 1.2g ビタミンC 0mg
炭水化物 19.3g コレステロール 3mg
カルシウム 42mg 食物繊維総量 3.2g
0.4mg 食塩相当量 0.0g
ビタミンB1 0.01mg

このレシピの作者

原 由紀

管理栄養士

大学病院・民間病院の管理栄養士として乳幼児、妊産婦、高齢者(嚥下)、生活習慣病(糖尿・肥満・高血圧など)の食事指導に従事した経験を生かし、現在はフリーランスでレシピ開発、オンラインでの食事指導、特定保健指導を行う。「おいしい!」と笑顔にさせることが大好きな、3児の母。好きなお菓子はシュークリーム。

関連するレシピの特徴から探す