びわの茶巾ゼリー

びわの茶巾ゼリー
56kcal
総エネルギー量
約60分
調理時間

このレシピの特徴

びわをコンポートにした後、アガーを使って固め、茶巾絞りにしました。アガーを使ったゼリーは透明度が高く、常温でも固まった状態を保つことができるので、とても扱いやすいです。茶巾のまま差し入れやお弁当に持っていくこともできますし、逆さにして盛り付けると、とてもきれいなドーム型に仕上がりますよ♪

姫野 早紀
管理栄養士
姫野 早紀

材料(3人分)

びわ 3個
200ml
砂糖 30g
レモン果汁 小さじ1
アガー 5g

作り方

  • 1

    びわは縦に切り、種と薄皮をスプーンでくり抜いた後、皮をむく。

  • 2

    小鍋に水、砂糖、レモン汁を入れ、沸騰したら1のびわを入れ、弱火で10分煮てコンポートを作る。火を止めた後、粗熱がとれるまでそのまま冷ます。びわを取り出した後、残りの水分量を計り、全体量が200mlになるよう水(分量外)を足す。

  • 3

    コンポート液に、だまにならないようマドラーで混ぜながらアガーを加える。小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。

  • 4

    小さめの小鉢にラップをしき、びわのコンポートをのせる。3の液を注ぎ、ラップをねじって茶巾しぼりにする。止めたところにラッピング用のワイヤータイを巻き付ける。

  • 5

    冷蔵庫に入れてよく冷やせば完成。器に盛り付ける場合は、逆さにするときれいなドーム状になります。

管理栄養士からのコツ・ポイント

茶巾絞りにした後、底が丸い小さめの小鉢などに入れて固めると、出来上がりがきれいな丸い形に仕上がります。ラップは小さいサイズだと包みにくいので、30cm幅のものを使用してください。

栄養素(1人分)

エネルギー 56kcal ビタミンB2 0.01mg
たんぱく質 0.1g 葉酸 3μg
脂質 0.0g ビタミンC 3mg
炭水化物 15.1g コレステロール 0mg
カルシウム 7mg 食物繊維総量 1.9g
0.2mg 食塩相当量 0.0g
ビタミンB1 0.01mg

このレシピの作者

姫野 早紀

管理栄養士

家族の病気を機に食事の大切さを実感し、栄養士の道を志すようになる。病院栄養士として働いた後、出産後はフリーの管理栄養士として学校の講師、特定保健指導、料理教室講師など幅広い仕事に携わる。食事の「大切さ」「楽しさ」を伝えるために、健康管理に役立てる美味しいレシピを皆様に提供していきます。

関連するレシピの特徴から探す