絹ごし豆腐と油揚げの卵とじ

絹ごし豆腐と油揚げの卵とじ
205kcal
総エネルギー量
約15分
調理時間
約110円
費用目安(1人分)

味付けはめんつゆだけでお手軽!豆腐に油揚げのコクとえのきのうま味がプラスすることで、しっかりとご飯のおかずになります。豆腐は良質なたんぱく質源なので、おすすめの食材です。

井上 慶子
管理栄養士
井上 慶子

材料(1人分)

えのき 小1/4袋
油揚げ 1/2枚(10g)
絹ごし豆腐 1/3丁(100g)
1個
みつば 1本
めんつゆストレート 大さじ1と1/3
大さじ1
おろししょうが 小さじ1/3

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    えのきは石づきをとり、半分に切り、根元はほぐしておく。油揚げは5mm幅に切る。絹ごし豆腐は食べやすい大きさに切る。

  • 2

    卵はよく溶きほぐしておく。みつばは根を切り、2cm長さに切る。

  • 3

    小鍋にめんつゆストレートと水を入れる。さらに1のえのき、油揚げ、絹ごし豆腐の順に鍋に入れ、中火にかける。汁が沸騰したら、蓋をして2分ほど煮る。

  • 4

    3の煮汁が沸騰したところに、2の溶いた卵を回し入れ、蓋をして30秒ほど加熱して火を止める。

  • 5

    器に盛り、みつばを飾りおろししょうがを添える。

管理栄養士からのコツ・ポイント

絹ごし豆腐はくずれやすいので、鍋に入れるときは一番上におきます。

栄養素(1人分)

エネルギー 205kcal ビタミンB2 0.31mg
たんぱく質 15.6g 葉酸 60μg
脂質 12.9g ビタミンC 0mg
炭水化物 6.1g コレステロール 204mg
カルシウム 137mg 食物繊維総量 1.9g
2.7mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.21mg

このレシピの作者

井上 慶子

管理栄養士

戸板女子短期大学・日本女子大学卒業。病院勤務を経て、健康は日々の積み重ねであることを実感。その後フリーの管理栄養士として特定保健指導業務に従事。現在は「習慣が自分のからだをつくる」をモットーに普段の食事に取り入れられるお手軽レシピの開発、わかりやすいコラムの作成などを行っています。

関連するレシピの特徴から探す