鱈の茶碗蒸し

鱈の茶碗蒸し
93kcal
総エネルギー量
約45分
調理時間

鱈の旨みが効いた、中華風味の上品な茶碗蒸しは、たんぱく質不足の献立にもおすすめの一品です。蒸し器がなくても鍋で簡単に作れます。 卵と鱈に含まれるビタミンEとカリウムは、血管を正常に保つ効果に期待ができます。

山内 奈菜
管理栄養士
山内 奈菜

材料(2人分)

1切れ(100g)
小さじ1/8
●卵 1個
●水 180ml
●鶏ガラスープの素 小さじ1/3
●みりん 小さじ1/2
酒(清酒) 小さじ1/2
ぎんなん(水煮) 2個
三つ葉の葉 2枚

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    準備:蓋つきの鍋に、器が半分くらい浸る量の湯を沸かす。蓋は布巾や手ぬぐいを巻き付ける(加熱中に茶碗蒸しの中に水滴が落ちないようにするため)。

  • 2

    鱈は4等分に切り、両面に塩をふり、冷蔵庫で約10分間おく。

  • 3

    ボウルに●を入れて混ぜ合わせ、ザルで濾す。

  • 4

    2の水分をキッチンペーパーなどでしっかり拭き取り、酒をかけてから器に分け入れる。3をやさしく注ぎ入れ、スプーンなどで表面の気泡を取り除く。

  • 5

    鍋の湯が沸騰したところに、濡れ布巾を鍋底に入れてから、4を並べ、蓋をして蒸す。
    加熱時間:中火2分→弱火8分→卵液の表面がふるふると揺れるまで固まったら、ぎんなんと三つ葉の葉をのせる→再び蓋をして弱火1分→火を消して余熱10分

  • 6

    器を少し傾けて、だし汁が透明であればできあがり。
    だし汁が濁っている場合には、弱火で2~3分蒸して、火を消して余熱3分~で様子を見る。

管理栄養士からのコツ・ポイント

卵液だけでなく鱈にも火を通すために、余熱は10分しっかりとりましょう。

栄養素(1人分)

エネルギー 93kcal ビタミンB2 0.16mg
たんぱく質 12.4g 葉酸 17μg
脂質 3.1g ビタミンC 1mg
炭水化物 2.1g コレステロール 131mg
カルシウム 31mg 食物繊維総量 0.1g
0.5mg 食塩相当量 0.9g
ビタミンB1 0.08mg

このレシピの作者

山内 奈菜

管理栄養士

大学卒業後、料理教室講師、短大での実験実習助手を経験し、料理の基礎から応用を幅広い年代の方々と共に学んできました。作る人も食べる人も皆が幸せになれる食卓を理想とし、作ってみたい!やってみたら美味しくできた!と思っていただけるレシピ提供を目指します。

関連するレシピの特徴から探す