うなぎ風竹輪とにら玉炒め

うなぎ風竹輪とにら玉炒め
227kcal
総エネルギー量
約30分
調理時間
約100円
費用目安(1人分)

うなぎの代わりに竹輪で作る!土用の丑の日に楽しめる格安レシピです。野菜も手に入りやすい食材を使いながらも、ビタミン類・食物繊維をしっかり補います。食物繊維は、血糖値の上昇を穏やかにする作用が期待できます。

山内 奈菜
管理栄養士
山内 奈菜

材料(1人分)

竹輪 小3本(30g)
たまねぎ 1/4個
にら 5本
ミニトマト 3個
●砂糖 小さじ1
●みりん 小さじ1/2
ごま油(卵用) 小さじ1
溶き卵 1個分
ごま油(野菜用) 小さじ1/2
少々

こんな人は要注意!

  • アレルギー (卵)

作り方

  • 1

    竹輪は縦に半分に切る。内側の白い部分に、縦に幅2〜3mm間隔で、4~5本の切り込みを入れてから、横向きにして食べやすい大きさに切る。

  • 2

    たまねぎは繊維に沿って、幅1cmに切る。
    にらは4~5cmに切る。
    ミニトマトは半分に切る。

  • 3

    フライパンに1と●を加え、良く絡めてから火をつけ、弱めの中火で竹輪を焼く。特に、竹輪の表側に良い焼き色が付くように焼き、取り出す。

  • 4

    別のフライパンでごま油(卵用)を十分に熱し、溶き卵を流し入れる。菜箸で混ぜながら半熟になるくらいまで炒めて、取り出す。

  • 5

    4の空いたフライパンでごま油(野菜用)を熱し、たまねぎとにらを中火で炒める。全体に油が絡んだら塩を加えて混ぜ、ミニトマトと4を加えて、さっと炒める。
    ミニトマトの皮が柔らかくなり、卵が全体に絡んだら、皿に盛りつける。

  • 6

    3の竹輪を飾り、できあがり。

管理栄養士からのコツ・ポイント

うなぎ風に仕上げた竹輪は、その他の食材と一緒に炒めてしまうと色が薄くなってしまうので、盛り付けのときに飾ります。

栄養素(1人分)

エネルギー 227kcal ビタミンB2 0.29mg
たんぱく質 11.7g 葉酸 69μg
脂質 12.6g ビタミンC 18mg
炭水化物 15.7g コレステロール 211mg
カルシウム 56mg 食物繊維総量 1.8g
1.5mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.11mg

このレシピの作者

山内 奈菜

管理栄養士

大学卒業後、料理教室講師、短大での実験実習助手を経験し、料理の基礎から応用を幅広い年代の方々と共に学んできました。作る人も食べる人も皆が幸せになれる食卓を理想とし、作ってみたい!やってみたら美味しくできた!と思っていただけるレシピ提供を目指します。

関連するレシピの特徴から探す