鮭とじゃが芋のクリーム煮

鮭とじゃが芋のクリーム煮
221kcal
総エネルギー量
約20分
調理時間
約190円
費用目安(1人分)

鮭は赤血球をつくり出すビタミンB12が豊富です。貧血対策というと鉄分摂取だけをイメージしがちですが、血液にはビタミンB12をはじめ、さまざまな栄養素が関わっているので、多品目の食品を食べるように心がけることが大切です。

瀧下 香奈
管理栄養士
瀧下 香奈

材料(1人分)

生鮭(切り身) 小さめ1切れ(60g)
少々
こしょう 少々
小麦粉 小さじ1/2
じゃが芋 1/2個(75g)
小さじ1
バター 5g
牛乳 70ml
顆粒コンソメ 小さじ1/2

こんな人は要注意!

  • アレルギー (乳、小麦)

作り方

  • 1

    鮭の表面の水分をペーパーで拭き取り、臭みを抑える。骨を取って一口大に切る。塩・こしょうで下味をつけたら全体に小麦粉をまぶす。

  • 2

    じゃが芋は皮をむいて半月切りにし、耐熱皿にのせて水小さじ1を振りかけ、ふんわりラップをして電子レンジ600wで3分加熱する。

  • 3

    中火に熱したフライパンにバターを溶かし、1の鮭を入れ両面に火が通るまで焼く。
    2のじゃが芋、牛乳、顆粒コンソメを入れ、ひと煮立ちしたら火を止める。

管理栄養士からのコツ・ポイント

洋風なクリーム煮ですが、鮭を使うのでご飯や和食のおかずにもよく合います。

栄養素(1人分)

エネルギー 221kcal ビタミンB2 0.25mg
たんぱく質 16.5g 葉酸 29μg
脂質 9.2g ビタミンC 20mg
炭水化物 16.9g コレステロール 53mg
カルシウム 89mg 食物繊維総量 6.0g
0.6mg 食塩相当量 1.0g
ビタミンB1 0.18mg

このレシピの作者

瀧下 香奈

管理栄養士

病院栄養士として勤務後、フリーの管理栄養士として料理教室講師や、テレビ・携帯サイトの料理番組講師・レシピ監修に携わってきました。現在はオンラインで食事指導とレシピ開発をメインに活動しています。作ってくれる人、食べてくれる人が笑顔になれる「心地よいレシピ」をお届けします。

関連するレシピの特徴から探す